ハワイ旅行で役に立つJCBクレジットカードの使い方


LINEで送る
Pocket

ハワイ旅行で役に立つJCBクレジットカードの使い方

JCBクレジットカード

ハワイではクレジットカードが一般的に使われているので、ハワイ旅行ではクレジットカードを持っていないとちょっと不便な思いをします。
そこで持って行くクレジットカードはブランドで言うと何がいいか選ぶと、使われているところが多いVISAカード、MASTERカード、JBCカードがベスト3です。
 

その中でもJCBカードは日本のカードですが、ワイキキを中心としてハワイでは使えるところが多いクレジットカードです。
また、持っているとハワイでは特典が多いカードでもあります。
 

そこでJCBカードを持っていると、どんなメリットがあるのか、どのような使い方があるのかお話したいと思います。

いっぱいあるJCBクレジットカードの特典 in ハワイ

JCBカードはハワイ旅行者に特典とサービスを用意してくれています。

ピンクライン

ワイキキ・トロリーのピンクラインが乗り放題!

ピンクラインはJCBのカードを持っていると、無料で乗れるキャンペーンを行っています。
現在のキャンペーン期間は、2009年4月 1日(水)~2019年3月31日(日)です。

JCBカードを持っていると、ハワイ旅行でワイキキに泊まる人が必ず行く、アラモアナ・ショッピング・センターとワイキキを巡回しているワイキキトロリーに無料で何回でも乗れます。
乗る時にJCBカードを見せるだけで、チケットを買わずに無料でピンクラインに乗れるんです。
 
カードを持っていれば、ピンクラインは同乗の家族も大人1名、子供2名(11歳以下)まで無料になります。
家族で同乗する場合は、乗車時に「ファミリー」とお伝えください。

乗車料金はひとり2ドルなので、ワイキキからアラモアナ・センターまで往復で家族4名なら16ドルも節約したことになります。
滞在中に2回行けばなんと32ドル(約3,200円)の節約ができるので、その分美味しい食事をしたり、お土産を買ったりできるわけです。
ハワイに行く時に年会費無料のJCBカードを持っているだけでこれだけ得をしますから、僕は1枚は必ず持参しています。

ワイキキトロリー料金表

 

セール

ショッピングで特別割引を受けられます!

メイシーズで割引

デパートのメイシーズでJCBカードを使うとご利用代金が15%OFF!になったり、時期により各種割引が受けられます。

JCB優待ガイド

JCBおすすめの海外加盟店を紹介したMAP付きオリジナルガイドを掲載店に提示し、JCBカードで支払うと優待サービスが受けられます。
ハワイ(ホノルル)で期間は 2016年7月1日(金)から 2017年6月30日(金)までやってます。

ハワイへ行ったらJCB!2016キャンペーン

期間中、ハワイ州内のJCB加盟店でUS100ドル以上(合算不可)利用すると、スクラッチカードで賞品をプレゼント!
賞品は1等が旅行券を10万円を60名に当たります。
キャンペーン期間は2016年4月16日(土)~2016年10月15日(土)までです。 

このようにJCBカードでは、ハワイで各種のお得なキャンペーンを行っています。
ハワイに行ったらJCBカードのキャンペーンを忘れずに利用しましょう。
またキャンペーンは時期により変わりますので、必ずご確認ください。

 

さらに、カードの種類によっては航空会社のマイルをためることができます。
クレジットカードを使ってマイルを貯めてまたハワイに行きましょう。
 

マイレッジ

ハワイへ行くマイルがたまる!

おまけに航空会社のマイルが貯まる種類のカードは、支払いに使うほど次のハワイ旅行が近づきます。
マイルを貯める人はクレジットカードは必須です。
支払いをカードですると、100円で1マイルたまる種類のカードもあります。
レンタカーを借りるとマイルがもらえる場合もあります。

 
どうでしょうか? クレジットカードの使い勝手と特典を考えると、現金よりカードを使った方がよくないでしょうか。
持っているだけで利用できる特典を使って、もっとハワイを楽しみましょう。
 

カードを持っていると買い物の割引だけでなく、何か起こったときも保証が付いているので安心です。

また旅行中に困ったことがあっても、ワイキキにクレジットカード会社のラウンジがあります。
ワイキキのほとんどのホテルから歩いて行けるところにありますので、サポートもあり安心です。
 

ワイキキで安心のサポートを受けられます

ラウンジ

歩いて行けるラウンジがワイキキにあります

何か困ったことがあった時や、聞きたいことがあるときは、ワイキキのほとんどのホテルから歩いていけるJCBのラウンジが2ヶ所あります。
 

1つは「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」で、カラカウア通り沿いのワイキキ・ショッピング・プラザ2階にあります。

ホノルルの中心にあって、営業時間は午前9:00から午後8:00まで。
しかも年中無休で開いているから安心です。

所在地:2nd Floor, Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave.,
    Suite 207A, Honolulu, HI 96815, U.S.A.
    カラカウア通り沿い、ワイキキ・ショッピング・プラザ2階。
電話番号:808-971-8111(オアフ島内から)
定休日:年中無休

 

もう一つは「JCBプラザ・ホノルル」でTギャラリア ハワイ by DFS内にあるのでこれまた便利。

営業時間は午前10:00から午後6:30までで、こちらも年中無休です。
所在地:330 Royal Hawaiian Ave. Honolulu, HI 96815, U.S.A.
    カラカウア通りとロイヤルハワイアン通りの角にあるTギャラリア ハワイ by DFS2階。
電話番号:808-921-1212
定休日:年中無休
 

ラウンジサービスとしては、ホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケット、カードの紛失・盗難時のサポート、インターネット、プリントアウト無料サービス、日本語新聞、雑誌の閲覧、現地ガイドブックや情報誌の閲覧、ドリンクサービス、マッサージ機、レンタル傘サービス、荷物の当日中一時預かりサービスなどがあります。

 

盗難保険

JCB海外お買い物保険がついている

海外所在のJCB加盟店にてJCBカードでご購入した品物の、偶然の事故による破損・盗難などの損害を補償するサービスがあります。
期間は購入日から90日間。自己負担額が1回の事故につき10,000円かかりますが、カードにより年間最高100万円まで補償してくれます。
事前の届け出はなにも必要ないので、出発前に手間がかかりません。

 

クレジットカード再発行

カードを紛失しても緊急にカードを再発行してくれる

クレジットカードをハワイで無くしたときは、JCBプラザ ラウンジ・ハワイで緊急再発行してくれます。 カードの受け取りも「JCBプラザ ラウンジ」「JCBプラザ」でできます。
 
ハワイでカードを再発行してもらえれば、お金を使えないと言う事態は避けられます。
これはJCBカードのとても心強いサービスです。

 

電話

JCBカードを紛失した時のサポートも充実

ハワイでJCBカードの紛失・盗難にあったときは、最寄りのハワイのJCBプラザ、「JCB紛失盗難受付デスク(24時間・年中無休)」へ電話で連絡します。
 

手続きや海外専用緊急再発行カード手配を日本語でサポートしてくれます。
しかも電話番号につながらない場合は、日本へのコレクトコールで対応してくれる(つまり日本への電話料が無料)と言うサービスがいいです。
※ホテルによってはチャージがかかる場合もあります。
 

「JCBプラザコールセンター」は、ケガや病気の際の病院案内のほか、海外旅行中の万が一の事故や緊急トラブル時にも日本語と英語で電話で相談できるサービスです(24時間・年中無休)。
もちろん、ハワイにも連絡先があります。

 

おすすめのクレジットカード

JCB EIT カード

JCB EITカード チェック JCB EITカード スティッチ
JCB EITカード チェックとステッチ
 

年会費無料のカードでは、最も保険が充実したカードの一つです。
海外旅行傷害保険は最高2000万円、ショッピング保険は国内・海外両方で最高100万円は最強クラスです。
 

しかもカードを使わなくても保険が付保される自動付保はベストな条件。
海外旅行者傷害保険は家族会員も同様の補償が受けられます。
家族会員も年会費は無料なので、家族もカードをつくらない手はありません。
 

海外旅行の保険料を節約したい人には、必ず必要なカードと言えましょう。

おまけにワイキキ・トロリーのピンクラインが無料で乗れるなどのJCBの特典もついています。

🔵 デメリット

リボ払い専用のカードなので支払いには注意が必要。
ただし、残高全額または一部をまとめて返済も可能なので安心です。
まとめ返済は、フリーダイアルに電話をするだけでできます。

EITカードの8つのメリット

No.1 年会費は永年無料です

No.2 Oki doki ポイントが2倍つきます

   楽天市場、amazon、Yahoo!ショッピング、BELLE MAISON のショッピングでポイントがつきます

No.3 海外旅行傷害保険が最高2000万円まで補償されます

No.4 ショッピングガード保険は年間100万円まで補償されます

No.5 ショッピングリボ払いは、初回手数料が無料

No.6 「JCBでe安心」でインターネットショッピングも安心

No.7 スタイリッシュなカードデザイン

No.8 「MyJチェック」のWeb明細サービスですばやく使用明細を確認できる

 

本人会員
  初年度年会費:無料
  年会費:無料

家族会員
  初年度年会費:無料
  年会費:無料

 

海外旅行傷害保険
保険の種類保険金額
傷害死亡
後遺障害
最高2,000万円
治療費用1回の事故につき
100万円限度
疾病治療費用1回の病気につき
100万円限度
賠償責任1回の事故につき
2,000万円限度
携行品損害1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用等100万円限度
 

officialsight

JCB LINDA カード

JCB LINDAカード Jモチーフ JCB EITカード チェルシーボーダー
 

年会費無料のカードです。
 

ショッピングガード保険で、カードで買ったものが破損したり、盗難にあった場合は海外の場合最高100万円まで補償してくれる保険がついています。
補償金額は高い方なので、他のカードで補償額が低い人はこのカードを持つ理由になるでしょう。
ハワイでワイキキ・トロリーのピンクラインに乗ることができるメリットがあります。
 

注意点は、年会費は無料ですが、月額100円のデータ維持料がかかります。
ただし一定に条件を満たせば無料になりますので維持費を無料にすることはできます。
 

また旅行傷害保険がありませんので、旅行の傷害保険料金を節約する目的には合っていません。
 

ただ、それ以外のお得なプログラムとして、Oki Dokiポイントや女性向けの保険を選んでお手ごろな掛金で加入できるプログラムなどがあります。
 

本人会員
初年度年会費:無料
年会費:無料
データ維持料(本会員):月 100円(税別)
 
家族会員:あり
 

丸ピンク データ維持料が無料になる条件
  次のいずれかにあてはまる月は、データ維持料 月100円(税別)が無料になります。
  1. 月づきの携帯電話の利用料金をJCB LINDAで支払いの場合(※1※2)。
  2. 支払い金額(本会員と家族会員の合計)(※3)が月額1万円(税込)以上の場合。

丸ピンク 特典:Oki Dokiポイント

丸ピンク 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合):なし

丸ピンク ショッピングガード保険:海外最高100万円
 

officialsight

楽天カード

楽天クレジットカード
 
ハワイ旅行に行かなくても特典が多い楽天の年会費無料のクレジットカード。
7年連続顧客満足度No.1、付帯サービスが便利で家族カード入会特典もある人気のカードです。
 

年会費:永年無料
初年度年会費:無料
 

ポイント:100円につき1ポイント(1.0%)
楽天市場でポイント4倍
1ポイントは1円相当
貯まった楽天スーパーポイントはANAのマイルに交換できます。その他のポイントとも交換可能です。
 

カード発行まで:約3~4日
専用のスマホアプリで明細チェックができます。
 

女子の味方!楽天PINKカード
女性のライフスタイル応援
・映画鑑賞券500円OFF
・人気のホテルレストランや普段使いのランチが20~50%OFF

カードはJCBだけでなく、VISAやマスターカードを選ぶこともできる。
 

カード付帯保険と補償内容

(傷害)死亡後遺障害:最高2,000万円
傷害治療費用:最高200万円
疾病治療費用:最高200万円
賠償責任:最高2,000万円
携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用:最高200万円
 

officialsight

ハワイラブカード

ダイアモンドヘッド ダイアモンドヘッド

JCBカードの特典に加えて、ハワイ旅行で受けられる特典が多いハワイに特化したカードです。
ゴールドカードではお得な年会費ですが、受けられる特典は充実しています。
初年度会費が無料なので、ハワイに行く時にお試しで使ってみてもいいカードです。

本人会員
初年度年会費:無料
年会費:10,000 + 税

家族会員
初年度年会費:無料
年会費:1,000 + 税
 

オレンジドット 国際線手荷物無料サービス
出発時と帰国時に1回1個の荷物を無料で配送してくれるサービスです。
 

オレンジドット 空港ラウンジサービス
日本国内の空港とホノルル空港のラウンジを無料で使えます。
 

オレンジドット プレミアムグルメサービス
対象レストランで所定のコースメニューを2名以上で利用すると1名の料理が無料になる特典。
 

オレンジドット レストラン執事サービス
 

オレンジドット ワイン執事サービス
 

オレンジドット JAL ANAのマイルに交換できるポイントプログラム
 

オレンジドット 海外・国内旅行傷害保険
  海外の場合は最高5,000万円までの保険が自動付保されます。
 

 

officialsight

まとめ

ハワイ旅行ではクレジットカードが必要になるケースが日本より多くあります。
クレジットカードが身分証明書の代わりになるようなこともあるので、ぜひ1枚はクレジットカードを持って行ってください。
 

両替した現金がなくなってしまってもクレジットカードを持っていれば万が一の場合安心です。
 

クレジットカードのブランドの中で、JCBカードは日本のクレジットカードですがハワイでは持っていると特典が沢山あります。
持っているだけで特典を受けることができるので、1枚はJCBカードを持っていくことをお勧めします。
しかも年会費が無料です。

旅行の楽しみも増えますので、持っている価値はありますよ!

特典を利用してハワイ旅行をもっと楽しみましょう
ムームーさん
同じ使うならお得な方がいいですよね!

スポンサーリンク

ハワイ旅行で役に立つJCBクレジットカードの使い方の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket