ハワイ旅行におすすめのクレジットカード


LINEで送る
Pocket

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード

このページの 【 目次 】


VISA-MASRER-JCB

クレジットカードの国際ブランドVISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS

ハワイ旅行に行く時は、お金をどうやってドルに換金して持っていこうか考えると思います。
ハワイでどのくらいお金を使うか考えて、もっていくドルの金額を決めるのではないでしょうか。
 

ハワイに現金を持っていくのは、防犯の面からも少なくしていくことをおすすめします。
現金の代わりにハワイでは、クレジットカードで支払いができますので、カードを主に使ってみてはいかがでしょうか。
 

ハワイでは日本の現金を使う感覚と同じようにクレジットカードが使われています。
日本ではあまりクレジットカードを使わないかたも、ハワイでは抵抗なくカードを使うことができます。
現金よりもクレジットカードで支払いをしたほうが、逆に信用があると思われるくらいです。
またハワイでは予約などをとる際に、保証金(デポジット)を取られることがありますが、その時もカードがあれば現金を払う必要がありません。
またクレジットカードが身分証明書の代わりになります。
 

でもクレジットカードと言っても、いろいろな種類のカードがあります。
今回はハワイ旅行に持っていくのは、どのようなカードがいいのかについてお話をしたいと思います。
 

クレジットカードにはいろいろな機能がついていますので、ハワイで役に立つ機能が付いているか選ぶ際のポイントです。

クレジットカードの買い物に使うための注意点

クレジットカードを使うのが1番多いのは、買い物の支払いだと思います。
買い物に使うために注意するべきことはなんでしょうか。

どの種類のクレジットカードを持って行けばいいのか

VISAカード マスターカード JCBカード AMEXカード ダイナースカード

ハワイではどんな種類のクレジットカードを選べばいいのでしょうか。

クレジットカードには、VISA、マスターカード、JCBなどのカードの種類があります。
買い物をするときにお店によって、取り扱っているクレジットカードの種類がちがいます。
どのお店でも使えるカードもありますが、お店によっては取り扱っていないカードがあります。
当然お店で取り扱っていないカードで支払いはできませんので、なるべくお店で取扱が多いカードが有利です。

メジャーなクレジットカードとしては、VISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースなどがあります。
 

ハワイで1番つかえるお店が多いのは、やはりVISAとマスターカードがどこでも使えると思います。
それに比べると、アメリカンエキスプレスやダイナースは使えるところが少ないです。
 
その他にハワイでは、日本のクレジットカードのJCBがワイキキを中心に使えるお店が多いです。
買い物などで支払いをする時に使うことを考えると、VISA、マスターカード、JCBのカードであればほとんどの店で使えるはずです。

ショッピングにクレジットカードは何枚くらい持っていけばいいのか

クレジットカード

クレジットカードの利用可能枠に注意しましょう

クレジットカードは、お店によって使える種類がちがうので、何種類が持っていったほうが安心です。
ハワイでよく使えるのは、VISA、マスターカード、JCBの3種類なので、この3種類のカードがあれば理想です。
 

またハワイにカードを何枚か持って行ったほうがいいのは、買い物を沢山してカードの利用可能枠まで使ってしまうと、カードが使えなくなってしまうからです。
カードと人によって利用可能枠はちがいますが、年会費無料のカードですと10万円くらいの利用可能枠の場合もあります。
ハワイ旅行に出発する前に、持っているクレジットカードの利用可能枠がいくらなのか確認しておきましょう。
 

人によっては、ハワイ旅行の代金をカードで支払っただけで、ほとんど利用可能枠を使い切ってしまうこともありえます。
そうなるとハワイで買い物をしようとしても、すぐにカードが使えなくなってしまいます。
 

利用可能枠というのは、クレジットカード1枚1枚に決められています。
人によって利用可能枠は、10万円から50万、100万、200万とちがいますが、多くの場合利用可能枠は、数十万円程度だと思います。
海外旅行でクレジットカードを使うと国内で使っている金額より多く使ってしまいます。
いつもは困らないで使えているクレジットカードでも、ハワイ旅行では利用可能枠が足りなくなってしまうかもしれません。
 

現金より、クレジットカードを支払いに使おうと思っていた場合にはカードが使えなくなってしまうと、困ってしまいます。
やはり使えなくなる時のことを考えると、何枚かのクレジットカードを持って行ったほうが安心です。
 

このクレジットカード毎の利用可能枠ですが、注意点があります。
利用可能枠はカード毎に決められていますが、利用可能枠が10万円のカードを3枚持っていても使える金額は3枚合計で10万円の場合があります。
 

これは、カードの発行会社が3枚とも同じ場合、カードを持っている人に対する利用可能枠が10万円だからです。
カードを3枚持っていても、1枚のカードで10万円を使ってしまったら、他の2枚のカードはそれぞれ10万円の利用可能枠があっても使えなくなってしまいます。
 

例えば、JCBブランドの場合JCBブランドのカードを何枚かもっていても利用限度額は、カードの中で高い限度額までになります。
 

引用符
複数のJCBカードをお持ちの場合
 

JCBカードを複数枚お持ちの場合、各カードにはそれぞれご利用可能枠の設定がございますが、同一発行会社のカードにおいてご利用いただける金額の合計は、カードの設定額のうち最も高い金額の範囲内となります。なお、一部対象とならないカードがあります。
 

JCBカード

ムームーさん
クレジットカードって何枚も持っていればいいのかと思ってました
発行会社が別のクレジットカードじゃないと、利用できる金額は増えないんですね

カードの使用目的別の利用可能枠にも注意しましょう

さらに、利用可能枠は、ショッピング利用枠キャッシング可能枠に分かれていてそれぞれに限度額があります。
それぞれの枠の合計が、全体の利用可能枠になります。

気をつけなければいけないのが、キャッシングに海外での利用可能枠が設定されていることがあります。

海外で使う時に一時的に利用可能枠を増やしてもらえるサービスを利用する

クレジットカードによっては、海外旅行に行く時に一時的に利用可能枠を増やしてくれるカードがあります。
普段国内では10万円の利用可能枠を、海外旅行に行っている間だけ80万円まで利用できる金額を増やしてくれるカードがあります。
 

またEPOSカードでは、利用目的はブライダル(挙式、披露宴等)に限りますが ブライダル専用で利用可能枠上限400万円まで増やしてくれます。
ブライダルだけとは言え、年会費無料のカードでこれだけ利用枠を増やしてくれるのは最高じゃないでしょうか。
 

利用可能枠の増額を申請してから一週間くらいかかる場合もありますので、早めに申請しましょう。
通常利用可能枠を増やしてもらえるのは一ヶ月以内程度の期間ですが、クレジットカードを何枚ももっていない人はこのサービスを利用すれば何枚もカードを持っていかなくてもよくなります。

買った物が破損、盗難されても補償してくれるカードがお得です

化粧品のショッピング グルメのショッピング ジュエリーのショッピング
 

ショッピングが好きな人は、旅行中に所持品が破損したり、盗難された時に補償してくれる保険が付いているカードを持っていると安心です。
クレジットカードによって、カードで買ったものだけを対象にしている保険や、旅行中に持っていたものについて補償してくれる保険がついています。
年会費無料のクレジットカードでもこの保険が付いているカードがありますので、カードを持っていかない理由がありませんよね。

クレジットカードで買ったものが破損したり、盗まれたりした時の保険

クレジットカードで買い物をした時に安心なのは、カードで買った商品が破損したり、盗まれたりしたときに保険で補償を受けることができる保険があります。
 

この種の保険で、三井住友カードの「お買物安心保険」は、カードにより100万円から300万円まで補償してくれます。
またJCBの「ショッピングガード保険」は、200万円から500万円まで補償してくれます。
 

このカードで買った物に対する保険は、支払われる補償金が多くて100万円から500万円と高額の補償を受けられます。
ブランド品など高額なものを買う時は、補償付きのクレジットカードで買うと安心ですね。
補償される期間は、カードで買った日から90日間など決まっています。
 

ただ、補償の対象にならないものもあります。
たとえば、自転車、サーフボード、セーリングボードおよびこれらの付属品、乗車券等(鉄道・船舶・航空機の乗車船券・航空券、自動車電話、携帯電話およびこれらの付属品、食料品などです。
衣類、バッグ、靴などのブランド品は対象になりますので、何かあった時にはカード払いにしておくと心強いですよね。

旅行に持っていったものが破損したり、盗まれたりした時の保険

またカードで買った物だけでなく、携行している物が盗難などの損害にあった時に補償してくれる保険もあります。
付保保険の携行品損害保険があるカードですと、補償を受けることができます。
 

カードにより補償金額は、最高20万円からゴールドカードなどは50万円まで補償を受けられます。
VISAカードは動産総合保険で最高100万円までの補償を受けることができます。
カードで買ったものを補償してくれる保険より補償額は少ないですが、カードを利用していなくても補償してくれるところが利点です。
 

どちらの保険も補償1件につき3000円から1万円程度の自己負担額はありますが、カードを持っていれば無料で補償してくれるので絶対お得です。
現金払いだとない特典ですよね。

カードの支払いを分割で返済できる

また支払い方法も、月づきの支払いを、「リボ払い」、「1回払い」、「2回払い」、「ボーナス一括払い」などから、都合に合わせてお選ぶこともできます。
現金が足りないときも、ボーナス一括などで払うことができるのもカードの便利なところです。

現金が必要になった時のために、キャッシングできるカードを選ぶ

ATM

現金がなくなってしまった時のために、ハワイのATM機でキャッシングできるカードの方が便利です。
また手数料が現金をドルに両替するより、キャッシングを利用した方が有利なクレジットカードもあります。
 

EPOSカードなどのVISAカードの場合、空港や駅・繁華街などにある「Visa」「PLUS」マークのあるATMで最大24時間ご利用いただけます。
VISAのカードでキャッシングできるATMは、ワイキキ周辺で20箇所、アラモアナ・センターに5箇所もあります。
ホノルル以外の場所では、ホノルル空港に7箇所そのうち3箇所が日本語対応しています。
 

また、ディスカバリー・ベイ(イリカイホテルの向い)、ドールキャナリー、ポリネシア文化センター、カハラ・モール・ショッピングセンター、アロハタワー・マーケットプレイス(レストラン、「ゴードン・ビアージュ」近く)にもあります。
 

注意したいのは、キャッシングした時にリボルビング払いになってしまうカードがあることです。
一時返済できるのか、キャッシングした時の返済方法も確認しておきましょう。

キャッシングするための海外ATMの操作方法

ATMにより操作方法は異なりますが、暗証番号を入力、キャッシングは「WITHDROWAL」、キャッシングの金額は画面に表示される決まった金額を選択するか、自分の希望金額を入力すると現金が出て来きます。
 

青丸 海外ATMの操作方法のシュミレーションができる マスターカードのHP

青丸 海外の英語版ATMの操作方法のビデオ

青丸 海外の日本語対応ATM版の操作方法のビデオ
 

キャッシングするためのATMを利用する際の注意点

赤チェック 4桁の暗証番号(PIN)を必ず覚えておく

  キャッシングするには、4桁の暗証番号(PIN)が必要ですので事前に必ず確認をしておいてください。
  暗証番号がなければカードをATMで利用できません。
 

  自分のカード暗証番号を忘れた場合は、旅行前に必ずカード発行会社へ問い合わせの上、確認しておくことをお勧めします。
  また、カード暗証番号は大切な個人情報なので絶対に第三者へ伝えたりしないようにしましょう。

赤チェック 夜間にATMから現金を引き出すことや、人通りの少ない時にATMを利用することは避けましょう。

赤チェック ATMで操作する時の後ろからの暗証番号盗み見や、聞き出し詐欺に注意しましょう。

赤チェック 次の人に操作されないように、ATMの操作は最後まで終わらせましょう。

赤チェック 取引明細は後から確認できるように、必ず取って置きましょう。

赤チェック クレジットカードの緊急連絡先は必ずメモしておきましょう。

ハワイで特典を受けることができるクレジットカードを選ぶ

日本のカードJCBもハワイでは使えるところが多いです。
ハワイでは特にワイキキトロリーのピンクラインに無料で乗れるなどお得に使えるカードです。
 

ワイキキにはJCBプラザが2ヶ所もあって、レストランの予約や日本語で困ったことなど旅行のサポートを受けることができます。
また、JCBのマークがついたクレジットカードで支払いをすると、利用代金の10%オフなど各種の優待を受けることができます。
優待の加盟店は、約140店ほどもあって観光客に人気のお店もたくさん加盟しているので利用できる機会は多いです。
 

アラモアナ・センター、インターナショナル・マーケット・プレイス、カハラ・モールでクーポン、ロイヤル・ハワイアン・センター、ワイケレ・プレミアム・アウトレット、ブルーミングデールズ、メイシーズ、ABCストア、ホノルルクッキーカンパニー、マツモトシェイブアイス、ホールフーズマーケット、ウルフギャング・ステーキハウス、ドール・プランテーション、シーライフパーク、ポリネシア・カルチャー・センター、ウェット・アンド・ワイルド・ハワイなどワイキキだけでなくノース・ショアやカイルアのお店などでも優待を受けることができます。
 

お店によっては、一定額以上の支払いをすると、独自のプレゼントをもらえるお店もあります。
 

ワイキキトロリー乗り放題の特典

JCBカードの特典として、ワイキキからハワイ最大のショッピングセンターのアラモアナ・センターを巡回しているワイキキトロリーのピンクラインに無料で乗車することができます。
しかも、カードを持っている人だけでなく家族も大人1名と子供(11才以下)2名まで同乗することができるのです。
乗車する時に一言「ファミリー」とワイキキトロリーのスタッフに言えば乗れます。2019年3月までの優待です。
 

ワイキキは、これまた免税店として有名なTT ギャラリア・ハワイ by DFSが始発の停留所になっています。
ワイキキトロリーのピンクラインは、別名ショッピングラインと言われている、お買い物には便利な路線なんです。
このトロリーに無料で家族で乗れてしまうのですからJCBカードは1枚は持って行きたいです。
年会費無料のJCBカードでも乗れますので、かなりお得ではないでしょうか。
 

カードによってお得な特典がついているので何種類かのカードをうまく使い分けましょう。

ハワイで買い物に使うのにお勧めするクレジットカード

エポスカード



年会費:永年無料
初年度年会費:無料
 

青丸 海外旅行中の利用可能額の一時的増額サービス:あり
  1.ブライダル専用:利用可能枠上限は400万円 ※利用目的はブライダル(挙式、披露宴等)に限ります。
  2.ブライダル以外の目的:現在の利用可能枠の2倍、
   もしくは現在の利用可能枠+100万円のうちどちらか少ない利用枠が上限となります。

青丸 海外のキャッシング:可能
  利用は全て1回払いとなり、月づきの支払いに合算して返済となります。(あとからリボへ変更も可能)
  支払期日よりも早く支払いが可能で、利息は日割計算となるのがメリットです。

青丸 買い物の保険:あり
  携行品損害:20万円(免責3,000円)

カード付帯保険と補償内容

傷害死亡・後遺障害:最高500万円
傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用:270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

商品券やマイルに交換する。
・全国共通ギフト券(VJAギフトカード)や、iTunesギフトコード、スターバックス カードなど、商品券やギフトカードに交換。・ANAのマイルやJALのマイル、ドコモポイントなど、他社ポイントに交換。

officialsight

楽天カード

楽天クレジットカード
 
ハワイ旅行に行かなくても特典が多い楽天の年会費無料のクレジットカード。
7年連続顧客満足度No.1、付帯サービスが便利で家族カード入会特典もある人気のカードです。
 

年会費:永年無料
初年度年会費:無料
 
青丸 海外旅行中の利用可能額の一時的増額サービス:あり

青丸 海外のキャッシング:可能

青丸 買い物の保険:あり
  携行品損害:20万円(免責3,000円)

ポイント:100円につき1ポイント(1.0%)
楽天市場でポイント4倍
1ポイントは1円相当
貯まった楽天スーパーポイントはANAのマイルに交換できます。その他のポイントとも交換可能です。
 

カード発行まで:約3~4日
専用のスマホアプリで明細チェックができます。
 

女子の味方!楽天PINKカード
女性のライフスタイル応援
・映画鑑賞券500円OFF
・人気のホテルレストランや普段使いのランチが20~50%OFF

カードはJCBだけでなく、VISAやマスターカードを選ぶこともできる。
 

カード付帯保険と補償内容

(傷害)死亡後遺障害:最高2,000万円
傷害治療費用:最高200万円
疾病治療費用:最高200万円
賠償責任:最高2,000万円
携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用:最高200万円
 

officialsight

JCB EIT カード

JCB EITカード チェック JCB EITカード スティッチ
JCB EITカード チェックとステッチ
 

年会費無料のカードでは、最も保険が充実したカードの一つです。
海外旅行傷害保険は最高2000万円、ショッピング保険は国内・海外両方で最高100万円は最強クラスです。
 

しかもカードを使わなくても保険が付保される自動付保はベストな条件。
海外旅行者傷害保険は家族会員も同様の補償が受けられます。
家族会員も年会費は無料なので、家族もカードをつくらない手はありません。
 

海外旅行の保険料を節約したい人には、必ず必要なカードと言えましょう。

おまけにワイキキ・トロリーのピンクラインが無料で乗れるなどのJCBの特典もついています。

🔵 デメリット

リボ払い専用のカードなので支払いには注意が必要。
ただし、残高全額または一部をまとめて返済も可能なので安心です。
まとめ返済は、フリーダイアルに電話をするだけでできます。

EITカードの8つのメリット

No.1 年会費は永年無料です

No.2 Oki doki ポイントが2倍つきます

   楽天市場、amazon、Yahoo!ショッピング、BELLE MAISON のショッピングでポイントがつきます

No.3 海外旅行傷害保険が最高2000万円まで補償されます

No.4 ショッピングガード保険は年間100万円まで補償されます

No.5 ショッピングリボ払いは、初回手数料が無料

No.6 「JCBでe安心」でインターネットショッピングも安心

No.7 スタイリッシュなカードデザイン

No.8 「MyJチェック」のWeb明細サービスですばやく使用明細を確認できる

 

本人会員
  初年度年会費:無料
  年会費:無料

家族会員
  初年度年会費:無料
  年会費:無料

 

海外旅行傷害保険
保険の種類保険金額
傷害死亡
後遺障害
最高2,000万円
治療費用1回の事故につき
100万円限度
疾病治療費用1回の病気につき
100万円限度
賠償責任1回の事故につき
2,000万円限度
携行品損害1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用等100万円限度
 

officialsight

JCB LINDA カード

JCB LINDAカード Jモチーフ JCB EITカード チェルシーボーダー
 

年会費無料のカードです。
 

ショッピングガード保険で、カードで買ったものが破損したり、盗難にあった場合は海外の場合最高100万円まで補償してくれる保険がついています。
補償金額は高い方なので、他のカードで補償額が低い人はこのカードを持つ理由になるでしょう。
ハワイでワイキキ・トロリーのピンクラインに乗ることができるメリットがあります。
 

注意点は、年会費は無料ですが、月額100円のデータ維持料がかかります。
ただし一定に条件を満たせば無料になりますので維持費を無料にすることはできます。
 

また旅行傷害保険がありませんので、旅行の傷害保険料金を節約する目的には合っていません。
 

ただ、それ以外のお得なプログラムとして、Oki Dokiポイントや女性向けの保険を選んでお手ごろな掛金で加入できるプログラムなどがあります。
 

本人会員
初年度年会費:無料
年会費:無料
データ維持料(本会員):月 100円(税別)
 
家族会員:あり
 

丸ピンク データ維持料が無料になる条件
  次のいずれかにあてはまる月は、データ維持料 月100円(税別)が無料になります。
  1. 月づきの携帯電話の利用料金をJCB LINDAで支払いの場合(※1※2)。
  2. 支払い金額(本会員と家族会員の合計)(※3)が月額1万円(税込)以上の場合。

丸ピンク 特典:Oki Dokiポイント

丸ピンク 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合):なし

丸ピンク ショッピングガード保険:海外最高100万円
 

officialsight

スポンサーサイト

 
ベルメゾンネット
 

ハワイ旅行におすすめのクレジットカードの関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket