誰も言わない、ハワイに持っていくデジカメを選ぶポイント


LINEで送る
Pocket

誰も言わない、ハワイに持っていくデジカメを選ぶポイント

ハワイのカメラ

きれいな風景をたくさん思い出に残してきてください

ハワイに行ったら、きれいな写真をたくさん撮ってくるぞーと思っていると思います。
 

どんなカメラで撮りますか?
 

いつものように手軽にスマホで撮るのもいいですが、今回しか見られない絶景があなたを待っています。
 

あとから見て、ぐっとくる写真を撮るためには、デジカメを持っていってください。
 

ポートレートだけならスマホでも撮れますが、スマホでは遠くの景色を撮ることができません。
風にゆらぐ椰子の木の葉や、オレンジ色に染まる水平線に沈んでいく太陽を撮るには望遠レンズがほしくなります。
 

せっかく景色がきれいなハワイに行くのですから、スマホで撮るよりきれいな写真を撮りましょう。
 

デジタルカメラで撮れば、スマホで撮るよりアップで撮ったり、被写体以外をボカして印象的な写真を撮ることができます。
デジタルカメラの絞り優先機能やシャッタースピード優先機能を使って思い出をより鮮やかに残しましょう。
また、ハワイは日差しが強くて明るいので逆光になると顔が真っ暗になってしまいますが、デジタルカメラのフラッシュを使えば逆光でも人物の顔が暗く潰れることなく撮ることができます。
 

でも実際にカメラを選ぶとなると、どんな機種を選べばいいか悩みます。
 

画質重視なら、一眼レフカメラはきれいな写真を沢山とれそうです。
でも、ハワイ旅行には一眼レフカメラはおすすめしません。

ムームーさん
えっ、一眼レフなら最高の写真を撮れそうじゃない?

ハワイに一眼レフカメラを持って行ってはいけない理由

一眼レフ

一眼レフで一瞬を切り取る!

 

写真撮影旅行でハワイに行くのでなければ、一眼レフカメラは持っていくと後悔します。
 
なぜなら、一眼レフカメラは大きい!重い!取り回しが大変!交換レンズや付属品も重い!
 

ハワイ旅行が写真撮影の目的で、一か所に長い間とどまって写真を撮ることができるなら一眼レフカメラもいいです。
でも家族や友人との旅行なら、写真を撮るのに立ち止まれるのはほんの数秒です。
一眼レフカメラの交換レンズを取り替えて構図を考えているうちに、連れのみんなは「 さ~次に行こー 」と行ってしまいます。
そして写真を撮ったあとは、一行に追いつくためにダッシュのくり返し。
 

かと言って首から長い、重い、自慢のズームレンズをつけたカメラをぶら下げて歩いていると、首や肩が痛くなって疲労倍増。
そのうち写真を撮る気力もなくなり、カメラはぶら下げたままのオブジェになってしまいます。
 

旅行を終わってみたら、残っているのは写真ではなく後悔ばかり。
記念写真に写っているのは、コンデジで撮ってもらった、大きな一眼レフを首からぶら下げた私ばかりになりかねません。
 

また、一眼レフカメラで撮るのをあきらめてホテルに置いておくには、部屋の金庫に入れておかなくてはいけません。
ホテルによっては、金庫が小さくて一眼レフが入らない場合もあります。
もし盗難にあった場合は、旅行保険の盗難補償に入っていればいいですが、それでも一眼レフや交換レンズなど併せれば10数万円になりますので保険の補償限度額を超えてしまう場合もあります。
なにしろ、せっかくの旅行がだいなしになりますし、保険申請のための届け出とかめんどうなことばかりです。
 

ハワイ旅行で気合が入りますが、そんなこんなで一眼レフカメラはおすすめしません。
以上わたしの体験談でした。( 盗難のパートは除きます )
 

こんな経験から、みなさんにはハワイ旅行に持って行くのは小型のデジカメをおすすめします。
なにしろ、「 写真を撮らないことには、何も記録に残らない! 」と言うのがそれからの私の座右の銘です。
一眼レフカメラより画質が多少落ちても、写真を撮らなければ始まりません。
 

どんなコンパクト・デジタルカメラがハワイ旅行にはいいのか

コンパクトデジカメ
 

コンパクト・デジタルカメラと言ってもいろいろな種類があります。
 

きれいに撮るには、レンズが明るくて、カメラの撮像素子が大きくて、有効画素数が多くて、と考えていると一眼レフカメラに近くなってしまいます。
いけない、いけないそこそこの性能で妥協しなければ。
 

画質で言うと有効画素数が少なめでも、カメラの撮像素子が大きい方がきれいに写ります。
それと写真を撮るのに大きく影響するのは、レンズの焦点距離でしょうか。
あとはズームの倍率など遠くのものをよく撮るのかなどで選べばいいと思います。
 

このようにデジカメを買う時にいろいろな機能を比較すると思いますが、ほとんど考慮されていない機能ですがハワイでは重要な機能があります。
 

それはカメラの電子ビューファインダーです。
 

カメラは電子ビューファインダーが付いたものをおすすめします。
なぜならハワイは太陽が眩しくて日差しが強いので、室外で写真を撮る時にカメラの液晶画面が暗くて何が写っているのかよく見えない時がよくあります。
大体の感じでシャッターを押すしかなく、撮った後に再生しても画面が暗くてちゃんと撮れたか分かりません。
帰ってから残念な写真だったということが何回も有りました。
 

液晶画面の明るさを上げてもあまり見やすくはならないし、明るくするとデジカメのバッテリーの減りが早くなります。
 

撮影できる枚数が少なくなりますので、USB充電が出来る機種なら途中で予備バッテリーを持って行って充電ができますが、USB充電が出来ない機種ならデジカメのバッテリーを追加で買わないといけません。
 

電子ビューファインダー付きの機種なら、室内では背面の液晶画面を見ながら写真を撮れますし、屋外では眩しくてもビューファインダーを使えば被写体がはっきり見えます。
撮影した写真がちゃんと撮れていたか再生する時も、ビューファインダーで見れば太陽が明るくて画面が見えないなんてこともありません。
 

ビューファインダーがないと画面が真っ暗なので、被写体の相手が笑顔なのか、記念写真になるいい表情をしているのかわかりません。
ましてや、目が開いているのか閉じているのかなんて想像するしかありません。
ビーチではなくて、晴れた日はワイキキのカラカウア通りでもです。
 

そんな液晶画面を見ながら写真を撮っても、いい記念写真は撮れません。
せっかくのハワイの記念写真なのに、あとから見たらガッカリなことも・・。
撮って帰りたいのは家族や友達の笑顔なのに、残念な表情だったらハワイの思い出が半減します。
 

一眼レフはビューファインダーが光学式なので、実際の被写体を見ながら撮れるのですが、電子式ではないので撮った写真を再生して見ることが出来ません。
本格的に写真をやっている方は、一眼レフの光学式ビューファインダーの方を選ぶのかもしれませんが、記念写真にはむしろ電子式の方が使い勝手がいいです。
 

電子式ビューファインダーの方が撮る時も見る時も使えるのでオススメです。
電子ビューファインダー付きのデジカメは、一眼レフのような高級なカメラでなくてもあります。
ハワイの屋外で写真を撮るのであれば、この機能を検討してみてください。
 

これはとにかく、失敗しないでいいシーンを撮るためのカメラ選びのポイントでした。
 

ハワイに行くので、カメラを買おうとしているみなさんのご参考になればと思います。
 

では楽しいハワイ旅行を!

電子ビューファインダー搭載のコンパクトデジカメはこんな機種

Panasonic ルミックス TZ85 光学30倍 DMC-TZ85-W 

本体に4K30p動画撮影機能を搭載。
本体サイズは約112.0 x 64.0 x 38.0mm。
重量は約240g(本体)。
35mm 判換算: 24-720mm

SONY Cyber-shot HX90V 光学30倍 DSC-HX90V

本体サイズは102(幅)×58.1(高さ)×35.5(奥行)mm
重量は約245g(バッテリー、メモリースティックDuo含む)
35mm 判換算: 24-720mm

誰も言わない、ハワイに持っていくデジカメを選ぶポイントの関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket