ホヌに会える天国の海 サンドバーのオプショナルツアー


LINEで送る
Pocket

キャプテンブルース天国の海ツアーに
参加してみました!

captain bruce boat

ハワイのビーチアクティビティで人気のある天国の海に行って来ました。

フラの聖地、ヒーリングスポットとも言われている、オアフ島東海岸のカネオヘ湾に出現する通称「天国の海」です。

白い珊瑚が砕けた砂がエメラルドグリーンの海の中に光っている場所で、ウミガメや熱帯魚も見られるという、ハワイに行った時にぜひ見てみたいと思っていたところです。

サンドバーでボートを降りて歩けるのはキャプテンブルースのツアーだけらしいので、いくつかのツアーの中からブルースさんのツアーをチョイス。 あのサンドバーを歩いてみたいですからね。

キャプテンブルースのツアーは、皆さんご存知の海の中に出現した白い砂浜に紺と赤のデッキチェアと黄色いパラソルが置いてある写真のツアーです。

ブルースさんのツアーは何種類かあって、今回参加したのは「朝の天国の海ツアー」です。夏はツアーが満員になることが多いとのことで、ハワイに行く前に日本で予約しました。

オプショナルツアー当日

ツアーの当日は早朝8時くらいに集合場所のワイキキのホテルに集まってツアーバスが来るのを待ちます。 ワイキキの何ヶ所かのホテルが集合場所になっていて、何台かのバスでカネオヘ湾へ行くようです。

集合場所のホテルの前で待っていると、日本人のドライバーさんが参加者を呼んでくれます。他のツアーだと外人さんの場合もあるのですが日本語で安心でした。

数名で小型のバスに乗り込みます。参加者はこれだけかなと思っていると次のホテルに止まって参加者で車は満員になりました。

ドライバーさんの近くに座ったので、ハワイに住んでいていいですね~とか、気さくに話をしながらワイキキの街を出発します。車はパリハイウェイを進み1時間もかからないでカネオ湾へ到着しました。

ポートハーバーに着いてからボートに乗るのですが、乗る前にトイレに行きたい人はトイレタイムがあります。

ボート出発 天国の海へ

9:30位にボートに乗って港を出発です。
CMの写真に写っているあのボートです。

ウミガメに会えるのがセールスポイントのツアーですので、かめを捜しながらボートを進めます。

ボートで今日の案内をしてくれるのは日焼けした日本人の女性のガイドさんです。日本語で解説をしてくれるので、言葉の問題なく楽しめます。英語が分からなくても大丈夫。参加しているのは日本人の方だけ?そんな感じのツアーでした。

港からサンドバーまではすぐで、10分ほどだったのではないでしょうか。

サンド・バーに上陸

Kaneohe Bay

サンドバーに着くと、今日は潮が高いようで浅瀬になっていました。サンドバーが海面に顔をだすのは、潮の高さなどいくつかの条件が揃わないと出現しないそうで、いつも出ている訳ではないそうです。

どうしても見たい方は潮や気象条件をチェックして参加された方がいいでしょう。

ボートがサンドバーに着いて、参加者が順番にボートから浅瀬に降りて行きます。

広告の写真のようにデッキチェアに座るというような感じではありませんでしたが、海の中に白い浅瀬が広がっていてきれいです。

歩いてみると(裸足です)サンゴが砕けてできた砂は、粒が粗めで近くのカイルアビーチやラニカイ・ビーチのようなきめ細かさはなく、踏みしめるとざくっと言う感じです。人がほとんど歩かないので、近くでも細かさが違うんでしょうか。

皆さんそれぞれ景色を楽しんだり、記念写真を撮ったりしています。
ツアーでも参加グループごとに、サンドバーをバックに写真を撮ってくれました。

ひとしきり散歩と写真撮影を楽しんだあとは、ボートでスナックタイムです。好きな季節のフルーツやクロワッサンサンド、オーガニックサラダ、ハワイ産グアバジュースなどをいただきました。

サンドバーでシュノーケリングへ

サンドバーのあとは、シュノーケルタイムです。
日本語でシュノーケルの説明を受けたあと、マスクやシュノーケル、ライフジャケットなどの用具一式を貸してもらい海に入りました。

泳ぎに自信がない方は浅瀬に近いところを、泳げる方は少し遠くまでガイドさんが案内してくれます。サンゴ礁の上を泳いで行くとカラフルな熱帯魚が泳いでいるのが見えます。水中カメラを持ってきてよかった。

captain bruce snorkeling

サンドバーでホヌを探しました

しばらくシュノーケリングをしたあと、場所を変えてかめが出現する場所でまた海に入りました。ハワイ語でカメはホヌと言うそうです。

この湾で見られるカメは、絶滅危惧種のアオウミガメ(グリーン・シー・タートル)で海草などを食べるために体脂肪が緑色なのでこう言われているそうです。

今度は結構深いところです。水中メガネ越しに下を見るとかなり高いところに自分が浮かんでいます。

ガイドさんに「カメを見つけた人は、皆さんに教えてください」と言われていたので、カメを見つけた人が「カメがいまーす」と声をだすと皆そっちに泳いでかめを見に行きます。

急いで行っても居なくなったあとが多かったのですが、下を見ながら泳いでいると深いところをかめが泳いでいるではありませんか。

いたいたと思ってかめについて行こうと泳ぐのですが、カメ早いです。
陸上にいる時は動きが緩慢ですが、泳ぐのは速いこと速いこと。
あっという間に置いて行かれました。
これでは他の人が発見したカメを見に行っても見れるはずがありません。ラッキーにも、野生のカメが水中で泳ぐのを見られて満足でした。

ボートに上がって、ガイドさんが「カメを見られた人!」っと聞くと多くの人がカメを目撃できたようです。

シュノーケリングが終わっていよいよ帰路につきます。

ホヌが近くに現れた!

ゆっくりボートが進んでいくと、「カメがいます!」とガイドさんの発見で、カメが海面に出て息継ぎをするのを見ることができました!
皆が、おお~と首を伸ばして亀のように亀を見ます。

カメはボートのすぐ側に浮かんできて、また潜っていきました。

KaneoheBay Honu(左)カメが海面から顔を出して呼吸をしました。
(右)息継ぎをしたカメはまた海中に潜って行きました。甲羅の後ろです

カメはかなりの確率で見られるそうですが、今日は何回も見ることができました。シュノーケリングに行かなかった人も見ることができたのでよかったですよ。

念願のサンドバーとカメを見られて満足していると、ボートは港に向かいます。あっと言う間にボートは港に着きました。

着いて見ると12:30くらいで、それから行きと同じグループでバスに乗ってワイキキまで帰ります。 泳いで疲れている人は車の中でうとうとと寝ている間に1時間もかからないでカネオヘ湾からワイキキのホテルまで帰ってきました。 送迎付きのツアーだったので楽でよかったです。

キャプテンブルースの天国の海ツアーは美しい海を手軽に楽しむことができますし、シュノーケリングできて最高のツアーだと思いました。

今回きれいな海とカメも見られて、あのサンドバーに行けて大満足です。

サンドバーのツアーを御覧ください


ハワイ州観光局 -2:54秒- 音声が流れます


-2:00秒- 音声が流れます

キャプテンブルース
朝の天国の海ツアーのスケジュール

7:50 – 8:35AM ワイキキ地区の各ホテル出発
9:30 ポートハーバー出発
約10分でサンドバーに到着
9:45 タートルウォッチング、サンドバーでの散歩・写真撮影、デリスナックタイム、スノーケリング
12:30 ハーバー帰港
13:30 ワイキキ地区 各ホテルへ到着

ツアーを楽しむための服装と持ち物

  • 水着着用で参加です
  • 濡れてもいい服装で
  • 日焼け止めは必須です
  • ラッシュガードがあれば防寒にもなります
  • 泳いだあとのために、パーカー類があるといいです
  • バスタオルは持参
  • 履物は脱ぐのでビーチサンダルなど
  • 貴重品は預けられないので、持って行かない方がいいです
  • 思い出のために、防水か水中カメラが欲しいです

「天国の海」カネオヘ湾の潮の高さ情報 ページ下のボックスで年月日を指定して潮の高さを検索できます

カネオヘ湾のロケーション

地図内で拡大表示するには、右下の「+」をクリック。
別画面を開いて拡大地図を表示するには、地図左上の「拡大地図を表示」をクリック。

天国の海 サンドバーの関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket