ハワイに到着した初日にしてはいけないこと


LINEで送る
Pocket

ハワイに到着した初日にしてはいけないこと

ホテル・ルーム


 

ハワイに着いたら初日に何をしますか?
日本からハワイの空港に着いた時は、機内でほとんど寝られないために徹夜状態の人が多いです。
日本とハワイの時差はマイナス19時間もありますので時差ボケになっています。
そんな状態で初日から無理をすると、体調を崩してハワイ旅行を楽しめなくなります。
そうならないために、今回はハワイに着いた初日にやってはいけないことについてお話します。
内容はホテル、ビーチ、オプショナルツアーとトロピカルカクテルについて注意していただきたいことです。

ハワイの初日はホテルの部屋にいてはいけない

ハワイの初日に無理をしてはいけないと言っておきながら、ホテルの部屋にいてはいけないってどういうことでしょう。

まず、ハワイに着いたら時差ボケを解消するようにしなければいけません。
時差ボケは日本からハワイに来た時の方が、ハワイから日本に帰った時より激しいです。
地球を東方向に向かった時の方が時差ボケになり易いのです。
 

時差ボケをなおすには、ハワイの時間に身体をならすのですが、それにはハワイに着いたら夜まで絶対に寝てはいけません。
身体は徹夜状態で疲れていますが、仮眠してしまうとハワイの夜に寝られなくなります。
そうなると5泊7日や6泊8日の短期旅行の人は、旅行中に時差ボケを治すのが遅くなり充分に楽しめなくなります。
 

そのためにはまず寝ないことです。起きているためにホテルの部屋にいないで外出しましょう。

関連記事の ハワイ初日のホテルにチェックインする前のおすすめの過ごし方 では、ハワイに着いたらまずホテルに行ってアーリーチェックインができないか聞いてみることをおすすめしていますが、たとえアーリーチェックインできたとしてもすぐに観光に行くのがポイントです。 
 

部屋にいると、ついちょっと横になってから出かけようと思っていても、徹夜明けの身体は瞬時に寝落ちしてしまいます。
そして気がつくと夕方か夜になっていて、夜寝られなくなり時差ボケが治らなくなります。
ですから、ハワイ初日はホテルにチェックインしても部屋にいてはいけないんです。
ホテルの部屋から出て観光に行きましょう。
 

ムームーさん
時差ボケはつらいので早く治してくださいね。

ハワイの初日はビーチでリラックスしてはいけない

寝ないようにホテルから外出しても、やってはいけないことがあります。
ハワイに来たんだし、ビーチに行って太陽にあたって体内時計を治すのはいい考えです。
 

ワイキキビーチ沿いのホテルに泊まる人は、ホテルの目の前がワイキキビーチという絶好の場所ですから、部屋からでるならワイキキビーチだと言うのも分かります。
ビーチでなくても、ホテルのプールでのんびりリラックスするのも最高ですよね。
 

でも注意してください。
ハワイの太陽は、日本の太陽より比較できないくらい強いです。

長時間ビーチで横になっているとあっと言う間に日焼けしてしまいます。
特に日本で海やプールで日焼けしていない肌の白い人は注意です。
まず、日焼け止めクリームを塗るのは当然ですが、日光浴をするのは短時間にしておいた方が無難です。
 

僕は以前ビーチに行って、木陰で寝ていたら太陽が移動して足の甲が太陽に当たっていたことがありました。
気がついたら足の甲が、かなり日焼けしてしてしまいました。
夜には足の甲だけが真っ赤に腫れあがって、冷やしてもローションを塗ってもいたくて痛くて、翌日以降はビーチに行けなくなったことがあります。
 

すでに日焼けしている人以外は、ビーチに行くのは短時間にしたほうがいいんです。
 

でもハワイ初日の睡眠不足の人がビーチで横になってリラックスしていると、爆睡してしまいます。
気持ちいい風に吹かれて横になっていると、寝落ちするのが自然です。
 

基本的にワイキキビーチと言われるメインのビーチには、パラソルをレンタルしなければ日陰はありません。
ですから爆睡して日焼けしないように、ビーチで横になってリラックスしてはいけないのです。
 

足の甲だけだとまだいいですが、背中全体とか胸からお腹全体が日焼けしてしまったらかなり腫れて痛みます。
寝不足でビーチに行くと、分かっていても寝てしまいますのでビーチでは横になってリラックスしないようにしましょう。
 

日焼けし過ぎないように、ハワイ初日の寝不足の身体ではビーチでリラックスしないようにした方がいいのです。
 

ハワイの初日はオプショナルツアーに参加してはいけない

それから、ハワイに着いて初日から遠くまで行くオプショナルツアーやビーチでハードに遊ぶオプショナルツアーは、体力に自信のある方以外は申し込まない方がいいと思います。
たとえば海で遊ぶイルカやカメを見に行くようなツアーは、海に入って泳ぐのでけっこう疲れます。
また船酔いしやすい人は、疲れているので特に船酔いしやすくなっています。
船に自信がない人は、船に乗るツアーには参加しない方がいいです。
 

またバスで観光地を見に行くような楽なツアーも、バスの移動中に皆さん爆睡します。
寝てしまうと時差ボケが治らなくなります。
寝ていてどこに着いたのかも分からないような状態になるので、ツアーに参加するのはもったいないです。
 

初日は無理をせず、体調を崩さない範囲で楽しむことにしてください。
寝不足の疲れた状態の時に初日からハードに活動して、翌日からホテルで寝たままになったらハワイ旅行がだいなしです。

そんな訳で、ハワイの初日からオプショナルツアーには参加しない方がいいのです。

ハワイの初日はトロピカルカクテルを飲んではいけない

ワイキキのレストランでは、夕方や早ければ昼過ぎからお酒が割安で飲めるサービスタイムがあります。
その時間帯では、夜飲むよりかなり割安でアルコールがサービスされておつまみもついたりします。
お酒を飲む人にはとってもありがたい時間があるんです。
 

ハワイに来たからにはトロピカルカクテルをオーダーして、リゾート気分を楽しんでみたくなると思います。
ワイキキビーチのバーで、ダイヤモンドヘッドを見ながら波の音を聞いてトロピカルカクテルを飲む。
ハワイに行ったらやってみたいと考えている人もいると思います。
 

でもちょっと待ってください。トロピカルカクテルはアルコール度数が高いんです。
きれいな色でジュースのようにも見えますが、アルコール度数が高くてちょっと飲むだけで酔いが回ってきます。
 

ワイキキビーチに面したホテルに泊まっている人は、気軽に楽しめるハワイタイムですがそんな人こそ危険です。
疲れた身体でトロピカルカクテルを飲んだら眠くなって、ホテルの部屋に戻ったら爆睡してしまいます。
夜中に目が覚めて眠れなくなり、時差ボケを旅行中ずっと引きずってしまいます。
くれぐれも初日はトロピカルカクテルを避けてください。
 

もしどうしても飲んでみたいと言う人は、アルコールを抜いてオーダーしてください。
カクテルの名前の前に「バージン」を付けるとアルコールを抜いたドリンクになります。
マイタイだったら、「バージン・マイタイ」とオーダーします。
でもアルコールを抜いても、アルコール入りと値段があまり変わらないのでおすすめしませんけど、初日から雰囲気を楽しみたい方はアルコール抜きでオーダーしてみてください。

まとめ

ハワイ旅行でハワイに着いたら、初日は時差ボケ解消するようにして無理をしないようにお過ごしください。
そのためには仮眠しないで早めに寝るようにすることです。
ホテルの部屋のカーテンは開けて寝て、明るくなったら起きるようにすると身体が慣れるのが早いでしょう。
寝過ごさないように、モーニングコールをセットするのを忘れずに。
 


 

時差ボケを予防する3つの方法

時差ボケを予防するのに、決定的な方法はありませんが、軽くするための方法としては次のようなものがあります。
 

睡眠時間の調整

時差のある地域に出かける一週間くらい前から、米国など東に向かう旅行の時は睡眠時間や起床時間を少し前倒しにし、ヨーロッパなど西に向かう旅行の時は反対に睡眠時間を少し後ろ倒しにしておくとよいといわれています。

一週間かけて少しずつ調整し、出発前にはこれから向かう旅行先の生活時間帯とあまり差がないようにしておく、という考え方になりますね。
 

時計を合わせる

飛行機に乗り込んだら、時差のある地域へ向かう飛行機では通常、到着地の時刻の案内がありますから、その時刻にすぐに時計を合わせて、食事や睡眠時間など、できるだけ到着地の時間で機内から生活するようにするといいでしょう。
 

睡眠と水分補給

睡眠や水分をしっかり取って、ベースの体調をよくしておくと良いでしょう
 

Doctors Me

それでは、無理をせずに楽しいハワイ旅行をしてください!

ハワイに到着した初日にしてはいけないことの関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket