ハワイのレンタカーに国際運転免許証が必要な訳と申請する方法


LINEで送る
Pocket

ハワイのレンタカーに国際運転免許証が必要な訳と申請する方法

免許証

 

ハワイ(アメリカ)でレンタカーを借りる時は、国際運転免許証(国外運転免許証)の発行をうけることになっているようです。
 

でもハワイでは、ほとんどのレンタカー会社で日本の運転免許証とクレジットカードを窓口で提示すれば借りることができます。
今まで、ダラー、ハーツ、アラモ、エイビスなどで車を借りましたが、国際運転免許証がないから借りられないと言ったことはありませんでした。
また、国際運転免許証を持っているかと言うことを聞かれたこともありません。
普通、ハワイのレンタカー会社は国際運転免許証がなくても、日本の免許証だけで車を貸してくれます。
 

国際運転免許証が便利な点は、レンタカーを借りて運転する場合に免許の内容が英語で証明されると言う点です。
何かあったときに英語で説明しなくてもいいので、英語に自信がない人でもいざというときに安心です。
 

もし、日本の免許証だけしか持っていなくて事故を起こしたり、運転のトラブルなどに巻き込まれた場合にどうなるでしょう。
ハワイの警察官や救急隊は日本の免許証を見せても、日本語が読めないので分かりません。
ですので、ハワイの警察官が事故の事務処理をする時は、国際免許証の提示を求めるケースが一般的です。
また事故でなくても、スピード違反や駐車違反などの交通違反を犯した場合は、警察官が日本語を読めないので違反切符をその場で切ることができません。
その場合、本人の身元と住所を確認するために、翌日または当日に簡易裁判所に出頭しなくてはならなくなる場合があります。
 

ですからハワイでレンタカーを運転する時は、万が一のために国際免許証も持っていくことをおすすめします。
 
ただハワイ州でレンタカーを運転するには、「日本の免許証」を携帯することが必要です。
国際免許証だけでは、運転できません。
国際運転免許証は、日本の運転免許証と一緒に携帯することで有効になります。
 

日本の運転免許証が主役だと言うことにご注意ください。
 

そこでハワイで初めて運転するような方に、国際運転免許証の取り方と必要な書類についてお伝えします。
ここでは、ご参考に神奈川県での国際免許証の取得方法について書いてあります。

何かが起こった時に役に立つのが国際免許証です!
ムームーさん
やっぱり持っていると安心ですよね。身分証明書にもなるし。

国際免許証を申請する場所

運転免許試験場または、住所地を管轄する警察署で手続ができます。

国際運転免許証が交付される日

運転免許試験場は、申請手続をした当日(即日交付)

警察署は、申請手続をした日から、約2週間後

必要書類頭

・運転免許証

・国外運転免許証交付申請書(申請用紙は試験場・警察署にあります。)

・申請用写真

タテ5.0cm×ヨコ4.0cm(※サイズにご注意ください。)
申請前6ヶ月以内に撮影した写真
無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし
*申請した写真がそのまま使用されますので、鮮明で気に入っているものがいいです。

・外国に渡航することを証明する書類 (パスポート、パスポート(旅券)引換証、船員手帳等)

・以前に国際運転免許証を交付された方は、その国際免許証

以前に交付された国際運転免許証は返納します。
もし返納しない場合は、新しい国際免許証の交付を受けられない場合があるそうです。

手数料

2,400円

注意事項

・国外(国際)運転免許証の有効期間は発給日から1年間です。

・国際運転免許証の有効期間は発効日から1年間ですが、その基となった国内の免許が失効し、又は取り消されたときは、国際運転免許証の有効期間内であってもその効力を失います。

日本の免許証の有効期間(残りの期間)が外国滞在中に失効するような場合は、更新の特例手続をしてください。日本の免許証の有効期間が1年以内でも、国際免許証の申請はできます。

・運転できる国は、原則として道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)加盟国のみに限られます。

ハワイ(アメリカ)は運転できます。

・警察署での手続の際に、国外(国際)免許証の郵送を希望される方は、交通安全協会にて郵送手続ができます。(郵送料 1,000円)

・国際運転免許証は、日本の運転免許証と一緒に携帯することによって有効となるので、旅行先には日本の免許証も持っていくことを忘れないでください。

・実際に申請される場合は、お住まいの場所の申請場所や方法についてご確認ください。
 

国際運転免許証編の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket