知っておきたいホノルル空港の荷物受取と税関から出口の注意点


LINEで送る
Pocket

知っておきたいホノルル空港の荷物受取と税関から出口の注意点

ホノルル国際空港

ホノルル国際空港の管制塔。Alohaの赤い文字がハワイ気分を盛り上げてくれます

 
ホノルル空港の入国審査が2階で終わったら、階段を降りて1階に行きます。
1階では、「荷物受け取り」でターンテーブルから荷物を取って「税関」そして「出口」から建物の外に出ます。
そこでホノルル空港が初めての人に、出口を出るまでに知っておいてほしいことをご案内します。

1階の順路は下の図のように進みます。
 

ホノルル空港1階の配置図

入国審査を受けた2階から階段で降りたところです。
ホノルル空港1階荷物受け取り所

建物1階のイメージ図です

ここまで来たら、あと少しで楽しみにしていたハワイです!
ムームーさん
はやく美味しいものを食べに行きたいなー

スーツケースなどの荷物の受け取り

荷物の受け取り場所には BAGGAGE CLAIM バッゲージ・クレイムと書いてあります。
そこには飛行機から降ろされたスーツケースが運ばれてくるターンテーブルが、フロアに並んでいます。
 

ホノルル空港荷物受け取り所

飛行機から出てきたスーツケースが乗って来るターンテーブル。大きいので1周してくるのに時間がかかります

スーツケースが飛行機から運ばれて、ベルトコンベアでターンテーブルに送られて来るのを待ちます。
それぞれのターンテーブルには飛行機の便名が表示されていて、どの便のスーツケースが出てくるが決まっています。
自分が搭乗した便名を覚えておきましょう。
ターンテーブルの周りの床には白線が引かれているので、その線から後ろで荷物が廻って来るのを待ちます。
 

スーツケースがターンテーブルを回ってきたら、前に出てスーツケースを下に降ろします。
この時ターンテーブルがけっこう速く廻っているので、すばやく降ろしてスーツケースが近くの人にぶつからないようにします。
スーツケースを下ろしたら、壊れていないか確認しましょう。
特に鍵とかキャスターなど破損していないかみて、壊れていたら航空会社へ届け出ます。
 

入国審査で時間がかかった時は、もう荷物がターンテーブルの上で回っているかもしれません。
その時は、ターンテーブルに自分の荷物が乗っていないか見ながら、ターンテーブルの周りも見てみます。
ターンテーブルの上の荷物が多くなりすぎた時は、空港の係の人がスーツケースを降ろして周りに置いてくれているかもしれません。
待っていてもなかなか荷物が出てこない時は、周りを捜してみるとすでに置いてあったりします。
 

そんな時のために、スーツケースに目印を付けておくと早く見つけられます。
名前を書けるスーツケースのタグのような物でもいいのですが、あまり目立ちませんし、乱暴に扱われると壊れることがあるので別のものがいいです。
 

僕はいつもカラフルなバンダナをスーツケースに付けておきます。
バンダナは布なので壊れませんし、悪くても切れてしまうくらいですから惜しくありません。
ただ、ほどけて取れてしまうことがあるので、2、3回きつく結んでおきます。
もちろん付けるのは、日本で搭乗する前にカウンターでスーツケースを預ける時です。
 

バンダナを付けるところは、スーツケースを立てた時に上にあるハンドルです。
スーツケースの横の長い辺のハンドルにつけておくと、たくさんのスーツケースの中に置かれると見えない可能性があります。
また、スーツケースにシールやステッカーを貼っただけだと、遠くからは見えにくいです。
 

普通スーツケースは、キャスターがついた側が下に置かれています。
スーツケースの上のハンドルにバンダナを付けておくと、ぎっしり並べられたスーツケースの群れの中に置かれていてもすぐに見つけられます。
素早く見つけて、税関へ向かいましょう。
 

なかなか荷物が出て来ない場合は、ここでトイレをすましておきましょう。
なぜならハワイのトイレ事情は日本と違うので、それについては関連記事の 困らないためのハワイのトイレ情報とトイレマップ をご覧ください。

また、たばこを吸いたくなった人は関連記事の ハワイで喫煙する時に注意することでホノルル空港の喫煙場所をご覧ください。
 

荷物の受け取りのポイントのまとめ

準備しておくもの

🔵 搭乗してきた飛行機の便名:スーツケースが出てくるターンテーブルを見つけるのに必要です。
🔵 日本で搭乗した時にもらったスーツケースのタグ:まれに出口で自分のスーツケースか確認されることがあります。
🔵 スーツケースの目印:目立つ場所につけておくこと。
 

税関検査について

スーツケースが全部そろったら、税関検査を通ります。
ハワイに入国する際に、税関申告書を提出します。
家族であれば、1家族で1枚でかまいません。
ホノルル空港に到着する前に、記入しておきましょう。
 

税関申告書の詳しい記入方法は、関連記事の ハワイの税関申告書の書き方と注意点 をご覧ください。
 

規定以上の金額の現金や物品を持っている場合は、税関申告書に書いて申告しなければいけません。
申告するものがなければ、申告書を係の人が立っていますので渡すだけです。
 

税関申告書で申告するものに食料品があるのですが、これに関しては注意が必要です。
 
牛肉スナック菓子果物カップ麺

 

アメリカには、肉類(生、乾燥、缶詰を含む)、肉製品、果物、植物、種子、土などを持ち込むことは禁止されています。
これらのものを持っていても税関に申告をしなかった場合は、虚偽申告とみなされて多額の罰金が科せられることがあります。
特に、肉、ハム、ソーセージの畜産物をはじめ、牛肉エキスや乾燥肉を使用したインスタントラーメンやスナック菓子なども持ち込みが禁止されており、申告の対象となっています。

うっかり持って行きそうな、持ち込みが禁止されている物としては、レトルトカレー、ビーフシチュー、インスタントラーメン、ブイヨン、粉末スープミックス、海苔たま、牛肉ふりかけ、スナック菓子、カップ麺、機内で出された果物、出発前までに食べようと思って持っていたバナナなどの果物などがあります。
 

自分では禁止されている食品を持っている意識がなくても、見つけられてします場合があります。
違反すると、初犯で個人用だとしても最高1000ドルの罰金で、商用だともっと高額の罰金が課せられますので正直にかきましょう。
 

荷物の中をかわいいワンちゃんが職員につれられて歩いている時がありますが、税関検査のお仕事をしています。
制服を着てしっぽをふりふり歩いているのがかわいいですが、任務中であります。
目の前に来てくれて、あらかわいいと思っていたら、日本から持ってきた生のリンゴを見つけられて没収された人もいるとか。
麻薬はもちろん、そんなものまで見逃さない優れた職員なのです。
もし見かけても、触ったり、なでたりしないでくださいね。勤務時間中ですので。

-1:10秒- 音声がでます

税関検査のポイントのまとめ

提出するもの

🔵 税関申告書:ホノルル空港に着く前に記入しておきましょう。家族は1枚でOK。
 

税関を通ったら最後の難関が出口です

税関を通ったら、あとは出口から建物の外に出ます。
ここで間違いやすいのが、出口です。
 

税関を過ぎると、出口は左右にあります。
左側は EXIT1 の団体客用出口で、右側にあるのが EXIT2 で個人客用出口です。
 
出口のサインは正面の壁上部にあって、左側に EXIT 1 Travel Agent Greetingと書いてあり、右側に EXIT 2 Ground Transportation, Individual Traveler と書いてあります。
 

この違いがよく見ないと気がつかないので、歩いて行く人の多い団体客用出口に行きがちです。
団体客は数が多いので、ほとんどの人が左側の出口から出て行きます。
注意していないと、個人旅行の人も釣られて左側の団体客用出口から出てしまいます。
 
この団体客用出口を出る場合と、個人客用出口を出る場合では何がちがうのか?
左側の団体客用出口を出ると、広い団体旅行客集合場所にJTBやHISなどの看板が立っていて旅行会社の現地スタッフが待っています。
JTB、HISなどの集合場所があってスタッフの方が笑顔で歓迎してくれて、ツアーによってはレイをかけてくれたりします。
そしてそこからツアーのバスに乗ってワイキキのホテルに向かうことになります。
 

団体客用出口を出た右側には、携帯電話の貸出カウンターがあるので、ここでハワイで使える携帯電話を借りることもできます。
レンタカーが故障した時などの緊急用に借りたことがあります。
僕が借りた時は、通話をすると料金がかかりますが、使わなければ一切料金はかかりませんでした。
返却は帰りにホノルル空港の返却ボックスへ投函するだけで簡単です。
 

反対に右側の個人客用出口を出るとなにもありません。
ロビーがあってそこを抜けると空港の前の道路が目の前に通っているだけです。
ここから自分で、シャトルやタクシー、レンタカーに乗ってワイキキに向かうことになります。
 

間違った出口を出てしまった場合は、どちらの場合も正しい出口に行かなくてはいけません。
団体の観光客の人の方が間違える可能性は低いと思いますが、間違ってしまった場合は、ツアーの出発時間までに集合場所に行かなくてはいけません。
個人旅行の人は、タクシー乗場やレンタカーの営業所まで行かなくてはいけません。
 

建物の図面を見ると出口は左右に分かれていますが、建物の正面の道路を歩いて行くと団体客用の出口から個人客用の出口まで歩いて行けます。
初めて違う出口に出てしまった人は戸惑ってしまうかもしれませんが、正しい出口は近くにありますので、焦らずに建物を廻ってください。
 

ちゃんと正しい出口に出られた人は、ワイキキをめざして出発です!

楽しいハワイ旅行をお過ごしください!
 

出口のポイントのまとめ

憶えておくこと

🔵 左の出口:EXIT1は団体旅行客用。ツアーで来られた方はこちら。
🔵 右の出口:EXIT2は個人旅行客用。個人手配で来られた方はこちら。
🔵 出口を間違えてもすぐ戻れるので焦らない
 

ここからレンタカーを借りる人がレンタカーの営業所に行く方法については、次の関連記事 ホノルル空港のレンタカー営業所の行き方 をご覧ください。
 

ホノルル空港の荷物受取と税関から出口までの注意点の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket