オアフ島ホノルルの天気と気温 ベストシーズン


LINEで送る
Pocket

オアフ島ホノルルの天気と気温 ベストシーズン

ハワイに行くのにベストシーズンはいつか

ハワイは一年中温暖な気候で、日本と比べると温かいです。
ハワイと言うと一年中南国の暑いイメージですが、季節によって多少の寒暖差はあります。
とは言っても、一年の間で気温の差は最高気温が26度から31度の差しかありません。
年間の最低気温も、19度から23度の差で大きな違いはありません。
日本と比べると年間を通じて過ごしやすいです。
 

暑さは日本のじっとりとした湿度のある暑さとは違います。
日があたっているところは暑いですが、日陰に入ると空気が乾燥しているためそれほど暑さは感じません。
ただ、陽の強さは日本とは比べものにならないくらい強いです。
紫外線対策を忘れないようにしてください。
 

ハワイはいつ行っても楽しめますが、初めてハワイに行かれる方におすすめの時期を選びました。

ホノルルの年間平均気温と降水量


usclimatedata.com

気温換算表【 華氏°Fから摂氏°C 】

ハワイで気温を見ると、日本の数字よりずっと大きい数字で気温が表示されています。
ハワイでは、気温の表示が華氏°F で表示されているためです。
日本は摂氏°C 表示なので、ハワイで気温の数字を見てもすぐに何度か分かりません。
そこで、ハワイの華氏°F の度数を日本の摂氏°C の度数に変換した表が下の表です。
だいたいハワイで表示されているのは77°前後からが多いと思いますのでその前後を覚えていると分かりやすいです。
 

ハワイの気温を日本の気温に変換する換算式は、摂氏°Cの温度=(華氏°F-32)x(5÷9) です。
覚え方は、(ハワイの温度表示°F-32)x 0.55=日本の気温 と覚えれば概算で計算できます。
ハワイで気温を知る方法でした。

1月から3月

雨季にあたり、最低気温が19度前後で降水量も多く年間でも寒い時期です。
ローカルの人たちは使いませんが、カッパや折りたたみ傘が役にたちます。
夕方や夜は涼しくなるため、パーカーなど長袖の着るものは必需品です。
ビーチで泳ぐ人の数も夏に比べると少なくなります。
海に入ってキモチイと感じる時間もお昼前後の短い時間になり、
海に入らず日光浴で過ごす時間が多くなるでしょう。

4月から6月

雨季から乾季に入り、降水量が3月までより少なくなってきます。
気温も平均最高気温も平均最低気温も2から3度上がってきます。
朝夕の涼しさも穏やかになり寒いと感じることが少なくなってきます。
ゴールデンウイークくらいからハワイらしい雰囲気になってきます。
ビーチや海のアクティビティに参加しても楽しくなるでしょう。

7月から9月

平均最高気温が年間で一番高く、南国のハワイのイメージどおりの天気になります。
年間でもベストシーズンです。
雨も少なく、降ってもシャワーのような感じですぐに上がり、虹がよく出ます。
滞在中にダブルレインボーを見ることもある楽しい季節です。
海に入っても、プールに入ってもキモチイイハワイを満喫できるシーズンです。
一番暑い時期で、陽が強いので紫外線対策の日焼け止めクリームが必要です。
冷房が強いですので、冷房対策としてパーカーなどがあるといいです。

10月から12月

10月から雨季に入り、徐々に気温が下がってきます。
10月はまだ気温が高いですが、12月になると年間でも一番涼しい月と同じような温度になります。
クリスマスやお正月でもTシャツですごせますので、Tシャツでクリスマスツリーの前で写真を撮るという構図になります。
夜はパーカーを着たり、長ズボンのようなスタイルがいいです。
日中は泳げますが、14時以降になると肌寒く感じるようになるでしょう。
12月に海に入ると、夏に比べ水もかなり冷たく感じました。

乾季と雨季

ハワイには乾季と雨季があって、4月から9月は乾季、10月から3月は雨季で雨の降る量がちがいます。
ただ雨が降る日数は、雨季と乾季で大きくちがうことはありません。
日本のように一日中雨が降るということはなく、さっと降ってあがることが多いです。
雨季の間は夕方や夜は上着が必要になるほど涼しくなります。
雨季は日中は海やプールに入って楽しむことができますが、夕方や風が強くなるとちょっと涼しい感じで寒く感じることもあります。
 

また、ハワイでも島や行く場所により気温や、特に降水量は変わってきます。
ハワイの地形的に島の北東から湿った貿易風が吹いてきて、湿った雲を運んできて雨を降らせます。
そして雨が降った後の乾いた空気が南西側に吹いていきます。
ですから、マウイ島やハワイ等島の南西側は晴天の日が多く、北東側は雨が多いところが多いです。
オアフ島はマウイ島やハワイ島のようには島内での降水量が変わりません。

服装

一年を通じてTシャツに半ズボンというスタイルですごせます。
ただし、夕方から夜にかけて涼しくなりますので、カーディガンやパーカーのような長袖で羽織れるものがあった方がいいです。
特に、ショッピングセンター、スーパーマーケットなど建物の中や、ザ・バスに長距離乗る時なのは冷えるので長袖は必要です。
女性はストールやショールがあるとバスの中などでいいでしょう。
レストランに行く場合も、ゆっくり食事をするには肌の露出は控えめに1枚羽織るものを用意しておきます。
靴はビーチサンダルでも過ごせます。ローカルの人たちのビーチサンダル率は高いです。
長い間歩く人はスニーカーを履く方がいいでしょう。
ワイキキを歩くだけでも端から端まではかなりの距離がありますし、アラモアナ・センターでのショッピングもかなりの歩数を歩きます。

オアフ島ホノルルの天気と気温 ベストシーズンの関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket