ハワイで喫煙する時に注意すること


LINEで送る
Pocket

ハワイの喫煙のルール

タバコ

気持ちよく吸いたいです

日本ではタバコを吸える場所でも、ハワイでは喫煙すると違法になることがあります。
喫煙家の方は気をつけてください。罰金を科せられることもありますので。

ハワイでの喫煙

ハワイでは喫煙は全ての公共の場所で禁止されています。

2006年11月16日よりハワイ州では公共の場所を禁煙区域とする新禁煙法が施行されました。
州法で禁止されていない所については群法で禁止されている所もあります。
いずれにしろハワイでは喫煙できる場所がほとんどないと思ってください。

禁煙サインの例。新たに電子たばこの禁止もかかれている

ハワイで喫煙禁止のサインは「 Smoking Prohibited by Law (喫煙は法で禁止されています)」と書かれています。
個人が喫煙をした場合は最大50ドル、企業には最大500ドルの罰金になります。

21歳未満の未成年はたばこを吸うことも、持つことも禁止されています。
日本ではたばこを吸っている大学生はハワイでは喫煙できませんし、持っているだけで違法です。
空港で手荷物検査などで捕まらないようにしましょう。

また、禁煙の場所では電子たばこと言われているディバイスも2016年の1月1日から禁止されました。
喫煙家のみなさんは、たばこが吸えないので電子たばこで代用することもできなくなったのです。
電子たばこも使わないように気をつけてください。
21歳未満の未成年は、たばこと同様に電子たばこも使うことが禁止されています。

電子たばこも禁止になったのでご注意ください。

喫煙が禁止されている場所

例えば、空港、公共交通機関と乗り物、チケット売り場、待合室、水族館、ギャラリー、博物館、やトイレ、ロビー、リセプションエリア、廊下、などの一般的な公衆が使う場所。
銀行、ホテル、コンドミニアム、モテル、バー、ナイトクラブ、レストラン、ショッピングモール、小売店、ボーリング場、コンベンション施設、教育施設、エレベーターなど。

ホテルや複合住居

ホテルは喫煙室が20%を超えてはいけない規定になっていますが、自主ルールで全室を禁煙室にすることができます。
マリオットホテルなどは全室禁煙になっていますので、喫煙家の方は宿泊予定のホテルに喫煙できるか確認した方がいいでしょう。
最近は全館禁煙にしているホテルが多いので、宿泊の予約をする時は喫煙できる場所があるか事前にきいてみましょう。
ホテルのラナイ(ベランダ)、ロビー、ミーティングルーム、バンクエット施設も禁煙です。
複合住居で喫煙できない場所は、廊下、ロビー、郵便室、ランドリールーム、パーティルーム。

ホテル内で喫煙した場合は、部屋の清掃費用を請求されることがあります。

レストランや小売店

州法でレストランなど飲食店について禁止しているのは、コーヒーショップ、サンドウィッチスタンド、カフェテリア、キッチンやケータリング施設、レストランの中のバー、レストランの外など。
小売店に関しては、たばこショップを除く小売店、ショッピングモール。
ホノルル市法では、たばこショップも禁煙とされています。

交通機関

州法による禁煙場所は、全ての飛行場、州と郡により運営されている公共交通機関とタクシー。
ザ・バスやワイキキトロリーなどの中もすべて禁煙です。
郡法による禁煙場所は、オアフ島の全てのバス停、マウイ島のバス停は、電子たばこを含めて20フィート(約6メートル)以内の全ての喫煙。ハワイ島では個人の車でも18歳以下の子供が同乗している場合。

リクレーション施設

室内はナイトクラブ、映画館、コンサートホール、ボウリング場、レストランとバー、フィットネスセンター、スポーツアリーナ。
屋外はスタジアム、州立公園
郡法による禁煙の場所は、全てのオアフ郡の公園とビーチ。
ホノルル郡のゴルフ場は除外されています。
マウイ郡の公園とビーチ。
ハワイ島の公園とビーチ。

教育施設

公立学校、図書館、博物館、水族館、コンベンションホール。


 

ここからは喫煙できる場所についてです!

オアフ島のワイキキ近くで喫煙できる場所

原則は建物の外で建物から約6メートル(20フィート)離れていれば、窓やドアの近くでなければ喫煙できます。
屋根などで覆われていない場所でないといけません。
タバコのポイ捨てや歩きながらの喫煙もNGです。

ホノルル空港

喫煙者は喫煙が許可された場所でも、間接喫煙を防ぐためにドア、窓、空調ダクトから約6メートル(20フィート)以上離れなくてはいけません。

国際線ターミナル

・1階-国際到着ロビーとインナーアイランドターミナルとの間の中央部分
・1階-ダイアモンド・ヘッド側ツアーエリア(屋根のない場所)
・エワ・コンコースの一般用歩道で入口から約6メートル以上離れたところ。
・2階-チケットカウンターに面した道路の中央帯
・5階の駐車場:入口やエレベーター、階段から約6メートル以上離れたところ。
・屋根のない駐車所

インターアイランドターミナル

・1階:インターアイランドターミナルと国際到着ビルの間のマカイ・グループ・ツアー・エリアの歩道から離れたところ。
・駐車場の7階の、入口やエレベーター、階段から約6メートル以上離れたところ。

ビーチ

ビーチ、ビーチパーク(ハナウマ湾は除く)、公園

アラモアナ・ショッピング・センター

・1階MACY’S前
・2階MACY’S横とBLOOMINDALE’S横
・3階NORDSTORMとMACY’Sの間屋外

ホテル

客室の喫煙ルーム

ハレクラニホテル

・1階道路よりのゲートハウス奥にある花棚の下に喫煙所があります。
 ここは陶器製の灰皿です

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ

モアナ・サーフライダー・ホテル喫煙所

・タワーウィングの1階ロビー外、カラカウア通り沿いの指定喫煙所
 カラカウア通り沿いにあって、ベンチまであるので人気のスポットです。
 細い棒2本が灰皿です。

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート

・タワーウィングからココナッツグローブに向かう階段を降りた場所
・ココナッツグローブからホテルを見て、右側にある“Newt Store”前のベンチの横
 木陰のベンチに座って落ち着いて吸えます。

シェラトン・プリンセス・カイウラニ

・カイウラニ・ウィングの裏手、駐車場入り口の向かい側に位置する指定喫煙所

シェラトン・ワイキキ

・屋外プール付近の指定喫煙所

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

・レインボウタワー1階のパオア・ロード( Paoa Passage )に抜ける通路
・ミッドパシフィック・コンファレンスセンター6階コーラルボールルーム( Coral Ballroom )の外
 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの喫煙所地図のリンク

ワイキキ サンドヴィラ ホテル

ホテルの外にベンチがあってゆっくりタバコを吸える喫煙所があります。

ホテルの本館2階3階に喫煙ルームがあるので、宿泊する部屋でタバコを吸うことができます。
最近のホテルには珍しい、喫煙室になっているゲストルームがある、喫煙者におすすめのホテルです。
また日本人好みに全室にウォシュレットが付いています。
 

ワイキキに設置されている公衆用の灰皿の形

ハワイの灰皿

ワイキキの公衆灰皿

ワイキキの街中にある公衆用の灰皿は、ちょっと見ても灰皿だとはわからない形をしています。
日本の灰皿とはかなり違う形をしていますので、この形を覚えておいてください。
これ以外の形の公衆用の灰皿もありますが、この形のものは気をつけて見ると何箇所か置いてあります。
 

使い方は、本体柱の上に空いている丸い穴の中に吸い殻を捨てます。
中に水が入っていて、火が消えて煙が出ないようになっています。

灰皿が設置されている場所に行ったら、見逃さないようにこの形を覚えておいてくださいね。
 

 

ハワイで喫煙する時に注意することの関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket