初めてのハワイでホノルル空港の入国審査


LINEで送る
Pocket

初めてのハワイでホノルル空港の入国審査

ホノルル国際空港

ホノルル国際空港の管制塔。Alohaの赤い文字がハワイ気分を盛り上げてくれます

飛行機がホノルル空港に着陸するとそこはハワイです。
キャビン・アテンダントさんに見送られて飛行機を降りるとホノルル空港の建物に入ります。
そこではすでにハワイの空気が感じられます。
階段を上がって3階の外に出ると、ただでさえ眩しいハワイの日差しが寝不足の目に眩しく光っています。
 

ハワイ空港に到着すると、まず入国審査の手続きがあります。
日本から到着する便の場合、到着ゲートから入国審査があるメインターミナルまではバスに乗って移動します。
建物の前の歩道に出ると、目の前には道路があってそこを入国審査のところまで運んでくれるウィキウィキエ・キスプレスと言うバスが走ってきます。
ホノルル空港の飛行機が止まる各ゲートから入国審査までは距離があるため、ウィキウィキエ・キスプレスで移動します。
 

到着ゲートから入国審査まではウィキウィキバスで行きます

ウィキウィキ・バス乗車

飛行機から降りたら、2両編成のウィキウィキバスに乗ります

このバスは長時間のフライトで疲れた身体には助かります。特に小さい子供さんがいると

ウィキウィキバスは満員になっても順番に次のバスが来ますし、何台も並んで停車して乗客を待っている時もあります。
乗れなくて次のバスまで長時間待つことはありませんのでご安心ください。
ただ、少しでも早くハワイに着きたい(ここはまだ入国前なので)人は1番のバスに乗りたいですよね。
バスの中から外を見ると太陽がサンサンと輝いていて眩しく暑そうですが、バスの中は冷房で快適です。
 

ウィキウィキのバス路線図

ウィキウィキ・バスの路線図

ホノルル空港の各ウィングをブルーラインとグリーンラインの2系統が運行しています。
午前7時から午後10時30分まで運行していますので、この間に到着する便の乗客を乗せています。
日本からの便は、夜の9時台出発であればホノルル時間の午前8時台にはなっていますのでバスは運行しています。
 

ウィキウィキ・バスを降りてから入国審査のフロアまでの行き方

ウィキウィキ・バス
ウィキウィキバスが定員になったら、入国審査の建物まで出発です。
バスに乗っているのは、数分で長い時間ではありません。
入国審査はホノルル空港への到着便が重なっている時間帯は、順番待ちでかなり待つことがあります。
長時間並ばずに早く入国審査を終わらせたいなら、席に座らずにドアの近くに立ってバスが着いたらすぐ降りましょう。
 

ハワイでの自由時間は1分でも長い方がいいですよね。特に個人旅行の人はその差が大きいはず。
 

数分でバスが入国審査があるメインターミナル3階に到着します。
バスを降りて目の前の建物の中に入り、すぐに階段かエスカレーターで2階の入国審査の部屋に降りていきます。
階段とエスカレーターは平行しています。左の壁側がエスカレーターで右側が階段です。
ここで入国審査の待ち時間を短くしたい人は、エスカレーターを使わず迷わず階段を駆け下ります。

ホノルル空港2階入国審査

建物2階の配置のイメージ図です

ハワイの入国審査の手順はこうなります

入国審査の部屋に入ると、部屋の反対側に入国審査のブースが並んでいます。
入国審査は英語で IMMIGRATION イミグレーションと書かれています。
日本からの観光客は、向かって左側の アメリカ市民以外 Non-US Citizens のブースで審査をうけるので左の方にすすんで列に並びます。
右側はアメリカ市民が審査を受ける US Citizens のブースになっていて、並んでいる人は少ないのですがこちらには並んではいけません。
 

この時空いている列に並びますが、整理係の女性がこっちに並べとか、あっちに行けとか指示している時があります。
昔はチェーンがついたポールで迷路のような通路をつくって、入国審査のブースまで長い観光客の列を並ばせていました。
そして列が短くなったブースがあると、チェーンをつなぎ直して長い列の途中から近道を作って短い列へ誘導します。
今はチェーンの代わりにベルトがついたパーテーションポールで迷路を仕切っています。
とにかく列が短くなったブースがあると、急に近道をつくって途中から進路を変えることがあるので整理係の動きから目を離せません。
なるべく早く進む列に入れるように、目を光らせておきましょう。
 

列に並んでいる間にあらかじめ、パスポートと帰りの航空券、税関申告書を手に持って用意しておきます。
以前入国審査のときに必要だった I-W94 の入国審査の書類は、ESTAを登録して航空機で入国する日本人の観光客には必要なくなったので、なくても心配ありません。
 

列の最前列になると、床に線が引かれていますのでその手前で次の順番を待ちます。
線に気が付かないでハミ出していると、線より下がってと言われますので注意です。
 

待っていると、目の前のブースではなくても、空いた入国審査官が手を上げて呼んでくれることがあります。
呼ばれたら原則は一人づつの審査ですが、家族の場合は全員で受けさせてくれます。
 

家族の場合は、代表者が全員分のパスポートと書類を渡します。
入国審査はパスポートを渡して入国の目的や滞在日数、滞在場所などを英語で聞かれます。
答え方は、目的が観光なら サイト・シーイング、滞在日数は5日なら、ファイブ・デイズとか、滞在場所は、ホノルルとかホテルの名前を言えばokです。
入国審査官は、実は日本語(の単語?)を知っている人もいますので、緊張して詰まっていると「 カンコー(観光)?」とかフォローしてくれる人もいます。そう言われたら「イエス!」です。
くわしく目的を話す必要はありませんので、観光なら一言「サイト・シーイング」と言えば伝わります。
 

それから大人は人差し指から薬指の3本の指先を小型のスキャナーでスキャンされ、次に親指もスキャンされて生体情報を記録されます。
知らないとちょっとびっくりするかもしれません。
アメリカは、原則入国の際に全員に生体情報の提供を義務付けています。
危険人物と疑われた訳ではありませんので心配しないでください。これを拒否すると入国できません。
ただし子供はスキャンは求められません。
 

この指のスキャンの時も英語で言われるのですが、日本人だとオヤユビー(親指)とかユビサンボーン(指3本)とか言ってくれる人もいます
 

それから球型のウェッブカメラのようなカメラで顔写真を撮られます。
この時メガネをかけている人は、はずすように言われますので、メガネをとった顔を写されます。
この時チーズと言っていいのは、アメリカだから?
 

最後にパスポートに入国スタンプを押してもらって、入国審査は終わりです。
次は荷物を受け取って税関に行くために、階段を降りて1階に行きます。
 

入国審査のポイントのまとめ

入国審査官に見せるもの

🔵 パスポート
🔵 日本への帰りの航空券(復路)
🔵 税関申告書

質問の答え

🔵 入国の目的:観光なら Sight seeing サイト・シーイング
🔵 滞在日数:5 days ファイブ・デイズや、6 days シックス・デイズ
🔵 滞在場所:ホテルの名前、またはホノルルなどの都市名
これ以外にも聞かれるかもしれませんが、分からないことにはイエスと言わないようにしましょう。
 

ホノルル空港の入国審査で、英語の質問を聞き取って回答する詳しい関連記事もあります。
 これだけはマスターしておきたいハワイ入国審査の英語
 

アメリカの入国審査のようすを見てみましょう

アメリカ合衆国税関・国境警備局の入国審査のビデオ

アメリカ合衆国の税関や国境警備を担当する、国土安全保障省の一部門であるアメリカ合衆国税関・国境警備局 ( US Customs and Boarder Protection )の入国手続きに関する公式ビデオ「 You have arrived 」で入国審査のようすや質問に関して公表されています。

このビデオは英語で入国審査の場面のみが再生されます。
設定すれば英語の字幕を表示できます。
全編を見たいかたは、上の文章中の「 You have arrived 」のリンクをクリックしてください。

アメリカ合衆国税関・国境警備局 You have arrived - 1:54-2:48秒 -音声が出ます

ここで入国の質問として聞かれているのは
What was the purpose of your trip? 旅行の目的は?
旅行の目的を聞かれています。

米国カリフォルニア州のジョン・ウェイン空港の入国審査のビデオ

また、米国のJohn Wayne Airport , Orange County の入国ガイドビデオ「Customs & Border Protection – Entering the U.S.」に入国審査で入国審査官が聞く質問の例が公表されています。
John Wayne Airport , Orange County

このビデオは英語で入国審査の場面のみが再生されます。
全編を見たいかたは、上の文章中の「 Customs & Border Protection – Entering the U.S. 」のリンクをクリックしてください。

John Wayne Airport , Orange County 「Customs & Border Protection – Entering the U.S.」
 - 2:41-3:58秒 -音声が出ます

初めてのハワイでホノルル空港の入国審査の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

LINEで送る
Pocket