ハワイ旅行にこれだけは必要!厳選ハワイ語


LINEで送る
Pocket

ハワイ旅行に必須なハワイ語
ハワイ旅行は英語だけじゃだめ!

ALOHA

アロハもハワイ語

ハワイ旅行に行ったことがある方は気がついたと思いますが、ハワイでは英語の他にハワイ語がよく使われています。
なぜなら、ハワイ語は英語と同様にハワイ州の公用語に指定されているからです。

ハワイでは、日常的に使われている挨拶やものの名前など、ハワイ語が普通に使われていて、ハワイ語を知らないと困ることがあります。
ハワイ旅行に行くときも、英語だけでなくハワイ語を知っておいた方がハワイをもっと楽しめます。

今回はハワイ旅行に行った時に、知っていると便利で楽しめるハワイの言葉の特集です。
ハワイ語といっても、文章まで分からなくても大丈夫です。 単語を知っているだけでハワイがもっと楽しめるし、ローカルのような気持ちになれます。
ここに集めた単語は、ハワイ旅行に行ってよく見聞きする言葉を中心に集めています。
ハワイ旅行者に役立つ単語ですので、一般的に使われる言葉とは限りませんが知っておいた方が旅行を楽しめますのでぜひ覚えてみてください。

ハワイ語をおぼえて、もっとハワイを楽しみましょう。

ハワイ州では、ハワイ語は英語と同じ公用語に指定されているんですよ
ムームーさん
それでハワイ語をよく見かけるんですね!

ハワイ旅行でよく見る、使われるハワイ語

挨拶で使われるハワイ語

ハワイでは、人と会ったら知らない人でもよくあいさつをします。
道で目が合ったらハーイとかアロハ~とか知らない人でもにっこりするので嬉しくなります。
さすがアロハステートと呼ばれている温かさを感じます。
ハワイでは自然にあいさつの言葉がでるのが不思議です。

🔵 Aloha アロハ こんにちは

  ショッピングでお店に入ったときも言われます。
  優しさ(Akahai)、協調性(Lōkahi)、思いやり(‘Olu‘olu)、謙虚さ(Haʻahaʻa)、忍耐(Ahonui)の意味があります。

🔵 Mahalo マハロ ありがとう 買い物をした時に言われたりします。

🔵 ‘A hui hou アフイホー さよなら、またねー

🔵 Howzit? ハウゼッ

  元気? 最近どう?みたいカジュアルな挨拶。
  ハワイで使われる英語 pigeon(ピジン)のことばです。
  英語の“How is everything?” “What’s going on?”

🔵 Brah ブラァ 兄弟!

  男性に対する親しみを込めた挨拶に使われる。
  本当の兄弟以外の男性に対しても使われれます。
  兄弟のスラング Bro=Brother と同じハワイのスラング。
  ハワイで使われる英語 pigeon(ピジン)のことばです。
  houzit bra? のように使います。

🔵 Sis シス 姉妹

  女性に対する親しみを込めた挨拶に使われる。
  本当の姉妹以外の女性に対しても使われれます。
  姉妹のスラング Sis=Sister と同じハワイのスラング。
  ハワイで使われる英語 pigeon(ピジン)のことばです。
  houzit Sis? のように使います。

🔵 mele kalikimaka メレ・カリキマカ メリー・クリスマス

  クリスマスシーズンにハワイに行く時はぜひ覚えて。
  島中にメレ・カラキリカの文字が見られます。
  メレ・カリキマカと書かれたカードを日本に送ったら喜ばれるかも。

人を表すハワイ語

🔵 Kane カネ 男性

🔵 Wahine ワヒネ 女性

🔵 keiki ケイキ こども

 例:ケイキ・メニュー(子供用メニュー)ケイキ・フラ(子供のフラ)

🔵 Ohana オハナ 家族

🔵 kama’aina カマアイナ 土地の人、ハワイに住んでいる人

  レストランやホテルなどで地元の人用の安い料金があります。
  そのレートのことをカマアイナレートといいます。
  残念ながら旅行者には適用されません。

🔵 kuuipo クウイポ 恋人 ハワイアンリングを作る時にリングに刻む人もいます。

🔵 kealoha ケアロハ 愛しい人 

🔵 nani ナニ 美しい 

トイレに 男性用と女性用の表示が Kane と Wahine と書かれていることがあります。
トイレの表示は、Kane は男性用、Wahine は女性用です。
普通英語も一緒に書かれているので意味は分かりますが、このようにハワイ語が普通に使われています。

人のしぐさや動作に関するハワイ語

🔵 Shaka シャカ

  グーにした手から親指と小指のみを立てて見せる挨拶のサイン。
  おはよう、こんにちは、おやすみ、ありがとうなどの意味があります。
  ハワイで写真を撮る時はこのサインがマストです。

🔵 lomi ロミ 揉む ロミロミはハワイのマッサージのこと。

🔵 holoholo ホロホロ 散歩 トロリーやバスの名前に使われていたりします。

🔵 wikiwiki ウィキウィキ 急ぐ、急いで

  ホノルル空港に着いて、ターミナルを移動するのに乗るバスはウィキウィキバスです。

レストランのメニューや食べものに使われるハワイ語

メニューや食べものに使われているハワイ語が、知っていて一番よかったと思いました
ムームーさん
おぼえておくと、美味しいお料理をオーダーできますものね
 

レストランでメニューを見ると、ハワイ語+英語で料理の名前が書いてあったりします。
マヒマヒのグリルとかアヒポケ、オノ・スペシャルとか、初めて見た時は何の料理か分かりませんでした。
ハワイに来たらやっぱり肉でしょと思って、散々悩んだ末にグリルだからとマヒマヒのグリルをオーダーしたら魚だった時のガッカリ感は忘れられません。
いえ、おいしかったですよ初めてのマヒマヒグリル。 柔らかい白身魚で。
でもハワイ語を知っていればよかったです。
 

ハワイ語の料理がレストランの看板料理だったりすることが多いので、食べたい料理を注文できるようにハワイ語を覚えておきましょう。
美味しいものを食べるには、料理に関係するハワイ語は重要です。

🔵 Ahi アヒ マグロ

  日本でも大好きな人が多いマグロです。
  醤油漬けや塩でマリネにして食べるアヒ・ポキが人気です。
  日本人の口にも合います。

🔵 Aku アク カツオ

  アヒと同じく、ぶつ切りにして醤油や塩でマリネにて食べるアクポキが有名。

🔵 Haupia ハウピア ココナッツ・プリン

  ココナッツミルクからできたハワイの伝統的なデザート。
  白くてぷるぷるしている質感は、くず餅と杏仁豆腐の間くらい?
  ノース・ショアのテッズ・ベーカリーのハウピアパイが有名です。テッズ・ベーカリーの関連記事のリンクです

🔵 Huli Huli chikin フリフリ チキン

  フリフリとはハワイ語で回すと言う意味。
  フリフリ・チキンは鶏1羽を丸ごと棒に刺して、ぐるぐる回しながら炭火で焼いたもの。
  ノース・ショアのフリフリ・チキンは有名

🔵 Kalua Pig カルア・ピッグ

  カルアとは肉や魚などをバナナの葉やティーの葉で包んで、地中のかまどで蒸し焼きにする料理方法。
  カルア・ピッグが有名で、ルアウで出される豚の丸焼きの料理です。

🔵 Laulau ラウラウ 包む、包んだ

🔵 Lilico’i リリコイ パッションフルーツ

  パンケーキのシロップ、ジュース、ジャム、アイスクリームなどに使われています。
  ハワイではよく食べられているフルーツです。
  フルーツの実は、中がゼリー状で種が沢山あって好き嫌いがあるかもです。
  個体差があるのかもしれませんが、食べたらかなり酸っぱかったです。

🔵 Loco moco ロコモコ

  ご飯の上にハンバーグと目玉焼きをのせて、グレービーソースをかけた料理。
  プレートランチからホテルのレストランまで、どこでもあるハワイのローカル料理。
  庶民的ながっつり系のものから、高級食材を使ったオシャンティーなものまでその種類は多い。
  味に関しても議論は多く、ロコモコのランキングが作られるなどローカルからの支持も熱い。

🔵 Lomi Lomi Salmon ロミロミ サーモン

  ロミロミとはハワイ語で揉むと言う意味。
  サイコロ状に切った生のサーモンとトマト、甘タマネギに、塩ふって手で揉んで混ぜた料理。
  塩はハワイアンソルトを使って、冷やして食べる。
  日本人の口にも合います。

🔵 Luau ルアウ ハワイ伝統の宴 ハワイ料理を食べながらフラを見るルアウショーが有名

🔵 Malasada マラサダ

  ハワイのスイーツ。ポルトガルの揚げパンのこと。
  パンの中になにも入っていないものと、クリームが入っているものなどがある。
  パンには砂糖、シナモンなどがかけてある。
  カパフル通りの「レナーズ」が有名。 レナーズの関連記事のリンクです

🔵 Mahimahi マヒマヒ しいら(白身魚)

  ハワイでよく食べられている白身の魚です。
  あっさりした魚の肉で、ソテー、フライ、かつ、ハンバーガーなどにも使われます。
  プレートランチに付いていることも多い人気の魚。
  ただ、ナマの魚はちょっと怖いお姿をしています。

マヒマヒ

  イラストのかわいいバージョンでご紹介

🔵 Onaga オナガ

  オナガ鯛。名前のとおり尾が長いのでオナガと呼ばれる。
  ハマダイと言われる。赤いからだの深海魚。
  身は癖のない白身で、日本では高級食材です。
  ハワイでもお祝いの時などにだされます。

🔵 Opakapaka オパカパカ

  和名は姫鯛(ヒメダイ)。ハワイの高級魚です。
  淡泊な白身の魚でどんな調理法も合うので、いろいろなジャンルの料理に使われます。
  ハワイ島のカイルア・コナ近海でよく獲れる魚です。

🔵 Poi ポイ タロイモをすりつぶした古代ハワイの主食

  タロ芋の球根をすりつぶして紫色のペースト状にしたもの。
  あかちゃんに与えるほど栄養価が高い。
  スーパーでパックで売っていたり、パンやアイスクリームに使われていたりします。
  カメハメハ・ベーカリーの紫マラサダが有名ですね。
  特別おいしーと言うものではありませんが、一度は食べてみてはいかがでしょうか。
  ただ、栄養価は高いのでポイを使った食品はおすすめです。ダイエットにも効くとか。

🔵 Poke ポケ 小さく切ること ポキとも言う。

  魚を小さくブロック状に切って醤油漬けや塩味で食べる料理が人気です。
  肉を食べ過ぎた時に、かなり美味しく感じます。

🔵 Pupu ププ おつまみ 

   ハッピーアワー(格安でお酒を飲める時間帯)でププ付き!の店があります。
   おつまみと言っても、ピザやポキなど本格的な料理のものもあるのであなどれません。

🔵 Saimin サイミン

  見た目は日本のラーメンに似ているハワイ独特の麺。
  日本のラーメンとちがって、あっさりした色の薄いスープの縮れ麺。
  真っ赤ななるとと、青ネギがのっている。
  日本のラーメンの味を想像していると、かなり違います。
  ハワイのマクドナルドだけの、ローカルメニューとしてインスタント麺が販売されている。
  メニューには載っていないので裏メニューと言う人もいます。

🔵 Save Ice シェイブアイス

  ハワイのかき氷でローカルのスイーツに分類される。
  もともと日系の移民が持ち込んだ日本のかき氷機でつくったらしい。
  オバマ大統領も食べていた何色ものシロップをかけたレインボウアイスや、白玉をのせたり、中にあずきが入った日本的なテイストの氷などバラエティ豊かです。
  ノース・ショアの松本シェイブアイスが有名。
  ワイキキ周辺では、「 ワイオラ・シェイブアイス 」が有名。 ワイオラ・シェイブアイスの関連記事のリンクです

🔵 Taro タロ

  タロ芋のこと。古代のハワイアンから主食として食べられていた栄養価が高い芋。
  タロを潰したものがポイ。

🔵 Ono オノ 美味しい

  ディス・イズ・オノー!と言って料理をほめましょう。お店の人は喜びます。
  ただ、Oh! No! と間違わないように。 オノーです。オーノーではありません。
  間違えるとお店の人に怒られます。

🔵 Onolisious オノリシャス 美味しい

  ハワイ語ではありませんが、ハワイ語のオノと英語のデリシャスを掛けあわせた言葉。
  レストランのメニューに Our onolisious menu とか書いてあるのは、美味しいおすすめの料理と言うことです。
  迷ったらオノリシャスと書かれた料理をオーダーしてみてはいかがでしょう?

ハワイの自然や伝統についてのハワイ語

動物を表すハワイ語

🔵 honu ホヌ 亀 

 ハワイに多くいる保護種のアオウミガメのことを言うことが多い。
 ハワイでは保護されているので、自然のカメをすぐ近くで見られるビーチがあります。
 でも法律で禁止されているので、決して触ってはいけません。

 ホヌを見られるのは、天国の海と呼ばれるカネオヘ湾やラニアケアビーチなどです。
 天国の海の関連記事のリンクラニアケアビーチの関連記事のリンク

🔵 nene ネネ ハワイがん。

  ハワイ州の州鳥。マウイ島やハワイ島、カウアイ島に生息しています。
  数が少ないため国際保護鳥に指定されている貴重な鳥。
  がんと言っても溶岩のある高原に住んでいるため、水かきは発達していない。
  マウイ島などに行くと、「ネネ横断注意」の黄色い交通標識が道路に建っています。

🔵 humuhumunukunukuapua’a フムフムヌクヌクアプアア

  タスキモンガラというフグの一種。ハワイの州魚。
  世界一長い魚の名前で、おもしろい名前で有名です。
  pua’a プアア とは豚のこと。ハワイ語では「豚のように鳴く角張った魚」と言う意味。
  興奮するとブーブーと豚のような音をだすそうです。一度聞いてみたい。
  水から出すと怒って鳴くそうですが、出してははいけません。

フムフムヌクヌクアプアア

泳ぎはけっこう素早いやつです

植物のハワイ語

🔵 kukui ククイー ククイの木、ハワイの州木。

  ククイの実は魔除けになると考えられていて、レイに使われています。
  そのためククイのレイは、歓迎の儀式、お祝いの場で着用されます。
  お土産品としても売られていますので、よく目にすることができます。

🔵 koa コア コアの木

  ハワイにしか自生していない木。現在は数が少ないため輸出制限されています。
  硬くて、木目が美しくハワイ王朝の王族たちが使っていた貴重な木です。
  イオラニ宮殿やビショップミュージアムでは床や階段にも使われているのでその豪華さは見てみる価値があります。
  今は高価なウクレレや木工品に使われるくらいの貴重品。
  時計やサングラス、リング、iPhoneカバーなどのコアの木のを使った製品を販売しているマーチン&マッカーサーが有名です。
  手軽なものでは、コアの木のしおりのようなものから売っています。

🔵 pikake ピカケ ジャスミンの花

ハワイの有名な地名

ハワイの有名な場所の意味を知っていると実感が湧いてきます。

🔵 Waikiki ワイキキ 水があふれ出る場所

  wai ワイ(水)kiki キキ(あふれ出る)

🔵 Maui マウイ マウイ島、マウイの神 

🔵 Mauna kea マウナケア 白い山 mauna マウナ(山)kea ケア(白い) 

  ハワイ島にある標高役4200mの火山。頂上には世界中の天文台が設置されている。
  朝日や夕日、星空を見るツアーなどがあり絶景がみられます。

🔵 Manoa マノア 厚い、頑固な、広大な 

🔵 Kilauea キラウェア 吐く、広がる 例:ハワイ島の火山口

🔵 Haleakalā ハレアカラ 太陽の家 Hale ハレ(家)la ラ(太陽)

  マウイ島の休火山。3000m以上の頂上まで車で行ける。
  ここから見る朝日は美しいので有名。マウイ島の名所です。

🔵 moana モアナ 大洋 例:モアナ・サーフライダーホテル

自然を表すハワイ語

地名などによく使われることばです。
知っていると聞いた時にその場所のイメージが湧いてきます。

🔵 kai カイ 海

🔵 Makai マカイ 海 Makai Market Place

🔵 lani ラニ 天国、天空

🔵 la ラ 太陽

🔵 mahina マヒナ 月

🔵 hoku ホク 星

🔵 kona コナ 風下

ハワイの伝統・神話

ハワイ旅行をすると、説明でよく聞くことばです。

🔵 hula フラ 踊る フラダンス

🔵 kumu クム 教師、先生 kumu hulaはフラの先生

🔵 heiau ヘイアウ 神殿 古代ハワイアンのヘイアウが観光スポットになっています。

🔵 mana マナ 奇跡、霊的な力 ヒーリングスポットでマナを感じます。

🔵 mele メレ 歌 

🔵 pele ペレ 火の女神。ハワイ島に行くと必ず説明を聞く嫉妬深い神です。 

ハワイ旅行にこれだけは必要!厳選ハワイ語の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

photo credit: Humuhumunukunukuapua’a via photopin (license)

LINEで送る
Pocket