機内に持ち込み可能な手荷物のサイズ【国際・国内】


LINEで送る
Pocket

機内に持ち込み可能な手荷物のサイズ【国際・国内】

機内持込手荷物サイズ

機内に持込める手荷物はどれくらいの大きさ?

この記事は、国際線と国内線の飛行機の機内に持ち込める手荷物の数、大きさ、重さについての記事です。

海外旅行をする時にスーツケースを買うときは、どのくらいの大きさにすればいいか悩むと思います。
機内持ち込み手荷物にどのくらいの量を持っていけるか知ることで、旅行の準備をすることができます。

また、機内持ち込みの手荷物だけで旅行する時のメリットとデメリットについてもお話します。

機内に持ち込める手荷物の数

身の回りの品(ハンドバック、カメラ、ノート型パソコンなど)のほか、ハンドキャリーバッグなどで決まられた大きさ以内の手荷物1個まで機内に持ち込めます。

つまり、ハンドバッグのような小さなバッグとハンドキャリーバッグのような手荷物を2個機内に持ち込めると言うことです。
ただし、ハンドキャリーバッグに紐で結びつけたり、ストラップでまとめられた物は1個とみなされないようです。
そんな荷物がある時は、大きな手荷物の中に入れるか同行者に持ってもらいましょう。

機内に持ち込める手荷物の大きさと重さ

一般の航空会社の手荷物の大きさと重さ

機内持込手荷物サイズ

国際線

国際線の機内に持ち込める手荷物の大きさは、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内で、かつ各辺が 55cm、40cm、25cm以内まで

機内に持ち込める手荷物の重さは、2個合計で10キロまでです。

国内線

国内線の機内に持ち込める手荷物の大きさは、飛行機の座席数によって違います。
座席数の多い飛行機の方が、少ない飛行機より持ち込める手荷物のサイズは大きいです。

  • 座席数が100席以上の飛行機の手荷物の大きさは、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内で、かつ各辺が 55cm、40cm、25cm以内まで。
  • 座席数が100席未満の飛行機の手荷物の大きさは、縦・横・幅の3辺の和が100センチ以内で、かつ各辺が 45cm、35cm、20cm以内まで。

機内に持ち込める手荷物の重さは、2個合計で10キロまでです。

LLCの航空会社の手荷物の大きさと重さ

LCCなどの格安航空会社では機内に持ち込めるサイズの規定が異なります。
ハワイに飛んでいるLLCのエアアジアの場合は、機内に持ち込める手荷物は2個までです。
手荷物2個の合計重量は7キロまでにです。
 

小さい手荷物は、縦・横・幅の3辺の和が80センチ以内で、かつ各辺が 40cm、30cm、10cm以内のラップトップバッグ、ハンドバック、バックパックまたはその他の小さなバック1つで、前の座席下に収納できるものとします。
大きい手荷物は、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内で、かつ各辺が 56cm、36cm、23cm以内の荷物で、機内では座席上の収納棚に収納できるものに限ります。

エアアジアの場合は、機内に持ち込める手荷物の個数と大きさは一般の航空会社と変わりませんが、重さが3キロ少ないのが注意点です。
行きは平気でも、帰りの便はお土産を買いすて重量制限にかかってしまわないように注意が必要です。

機内に持込手荷物の収納場所

手荷物は、座席の下座席の上の共用収納棚に収納します。

安全のため、手荷物は足元や膝の上には置けません。
非常口に接している列の座席(非常口座席)やスクリーン前の座席のように前に席がない席も足元に手荷物は置けません。
座席の上の共用棚に収納します。

まとめ(機内手荷物を持つメリットとデメリット)

メリット1. 時間を有効に使える

機内手荷物だけだと荷物の預け入れと受け取りがないので、飛行機から降りてすぐに空港から出て行動できます。

メリット2.スーツケースが壊れない

スーツケースを預けると飛行機へ乗せて降ろされるまでの間に衝撃で壊れる場合があります。
自分で手荷物で持っていれば壊されることはありません。

メリット3. 旅行の行動範囲が広がってたくさん楽しめる

どこに行くにも簡単に移動できるので行きたい所に行けるし、荷物が軽いと疲れないのがいいところ。

デミリット1. 旅行先で不便な思いをすることがある

携帯できる荷物が少ないので、いつも使っている物を使えません。ここは割り切りが必要です。

デミリット2. お土産を沢山買うことができない

ハンドキャリーバッグなどの空きスペースは少ないので、大きなお土産や沢山のお土産を入れることができません。
旅行先でバッグを買ったり、宅配便で送ったりする方法もありますが送料など別料金が必要になります。

 

 

関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket