ハワイ初日のホテルにチェックインする前のおすすめの過ごし方


LINEで送る
Pocket

ハワイ初日のホテルにチェックインする前のおすすめの過ごし方

このページの 【 目次 】

waikiki9

ワイキキのデューク・カハナモク像

ハワイに日本から着くのは午前中の早い時間が多いので、ホノルル空港からワイキキに到着してもホテルのチェックインまでは時間がかなりあります。
ホテルには入れませんので、チェックインまで何をするのか計画しておきましょう。
今回はワイキキでホテルのチェックインまでの、おすすめの時間の過ごし方についてのお話です。
 

ハワイに着くのが早い人はワイキキに9時台に到着しているので、まだお店も空いていない時間です。
チェックインは普通午後3時ですので、便によっては5時間くらい時間がある場合もあります。
頑張ればいろいろできるかもしれませんが、機内でほとんど寝ることができないで徹夜状態の方も多いと思います。

ハワイ初日は無理をするのはやめましょう

日本とハワイの時差はマイナス19時間もありますから、ワイキキの朝の10時は日本の明け方5時です。
徹夜で明け方の5時から、初日に寝るまでさらに12時間くらい起きていなければいけません。
そんな状態では活動的なことは体調的に無理がありますので、ハワイ時間になれるよう初日は無理はしないようにしまょう。
 

まずは、落ち着けるようにホテルに行って、アーリーチェックインができるか聞いてみることをおすすめします。
予約をしていなくても、時期によってはすぐにチェックインができて部屋に入れるかもしれません。
だめでも、少し早めにチェックインできるようにしてくれるかもしれません。
 

チェックインできたら、ラッキーです。
シャワーでも浴びて荷物を部屋に置いて出かけましょう。
チェックインできなくても、何時にホテルに帰って来ればいいか分かるのでそれからの予定を決めやすくなります。

アーリーチェックインに関しては関連記事 ハワイでチェックイン前にシャワーを浴びる方法 もあります。

せっかくのハワイ旅行ですから初日から楽しみましょう。
ムームーさん
それには予定を考えておいた方がいいですね!
 

ホテルにチェックインできる時間が分かったら使える時間が分かります。
あらかじめ考えておいた候補の中から何をするか決めましょう。
でも寝不足ですから、体力的にハードなことをしても楽しめないです。
軽く2日目以降の準備や、ワイキキ周辺でできることをやるといいと思います。
 

基本的には、時差ボケを治すために寝ないようにします。
ですから、ホテルの部屋から出て、日光に当たってハワイ時間に体を合わせましょう。
ただ寝不足なので、直射日光に長時間あたると疲れてしまします。

ショッピングに行って目を覚ましましょう

おすすめは、直射日光に長時間当たらず、買いたいものを見て廻るショッピングに行くことです。
次々にお店を見て回れば、色々なものが目に入り眠気がなくなります。
ハワイのショッピングセンターはオープンエアのところが多いのですが、室内型のショッピングセンターだとエアコンが効いていて暑さでバテることがありません。
 

ワイキキ周辺だと、T ギャラリア ハワイ by DFS がありますが、レンタカーを借りる人は室内型のショッピングセンターではハワイで一番大きいパールリッジ・ショッピングセンターや カハラ・モールが室内型ですので行ってみれば楽に過ごせると思います。
 

パールリッジ・ショッピングセンターはホノルル空港でレンタカーを借りたら、フリーウェイのH1をホノルルとは逆方向に走って行きます。
パールリッジセンターには、センター内の通路にいすがありますので、疲れた時はエアコンが効いている場所で休むことができます。
また、アップタウンとダウンタウン両方にフードコートがあります。
休憩する場所が何箇所もありますので、寝不足でも余裕で過ごせます。
また、ロングスドラッグスがありますので、ABCストアより安く買えるものも多いので、バラマキ土産用のお菓子や翌日以降に使うものを買ってしまいます。
 

そうこうしている内に、ワイキキに着くとチェックインの時間になるのでH1を走ってホテルに向かいます。
 

ワイキキでも室内型ではありませんが、大型のショッピングセンターがあります。
ロイヤルショッピングセンターやビーチウォークなどはブランドのお店や流行りのレストランがありますので、時間を持て余すことはありません。
また、旅行中に使うものや食べるもの、お土産を買うのにABCストアを覗いてみるのも初日にしておくといいと思います。
 

買い物に興味がない人は、ワイキキ周辺の観光スポットを見て廻るのがいいですね。
ショッピングセンターの近くにあるスポットもありますので、買い物しながら廻ることができる場所もあります。

免税店のT ギャラリア ハワイ by DFSで買い物の下見をしておきましょう

T ギャラリア ハワイ by DFSは、ハワイ唯一の政府公認免税店で、ハワイ旅行に行ったら一度は行ってみたことがあるのではないでしょうか。
カラカウア通りに面した1階正面玄関から入って、3階が免税フロアになっています。
免税で買い物をするには、1階のカスタマーサービスで航空券かeチケットのコピーを見せてショッピングカードを受け取る必要があります。
全館自由に入れますし、どのフロアで買い物をしても州税がかからないので他のお店で買うよりお得です。
すぐに買わなくても、翌日以降のショッピングのために下見をしておくのはどうでしょうか。
22:30まで営業しているので他が閉まってからも楽しめます。
 

ロイヤル・ハワイアンセンターでブランド店を見て廻りましょう

ロイヤル・ハワイアンセンターは、カラカウア通り沿いの3ブロックにも渡って建っているワイキキのランドマークのショッピングセンターです。
4階建てで総面積が約2万8800平方メートルもあり、有名なブランドのテナントが約110店も入っていて時間がいくらあっても足りないくらいです。
営業時間も店によって異なりますが22時くらいまで開店しているので夜になっても楽しめます。
 

HISのツアーカウンタ-が3階にあるので、HISツアーの方は空港からここにバスで連れてこられます。
ここには、ワイキキでは珍しいフードコートがあるので家族連れや気軽に食事をしたい人には使えるショッピングセンターです。
フードコートには、マウイタコス、パンダエクスプレス、スバロピッツァ、サブウェイ、マハロハバーガー、えぞ菊などのラインアップが揃っています。
またウルフギャング・ステーキハウスbyウルフギャング・ズウィーナーやアイランド・ヴィンテージ・コーヒー、ザ・チーズケーキ・ファクトリーのレストランもロイヤル・・ハワイアンセンターにあります。
 

ザ・チーズケーキ・ファクトリーについて詳しい関連記事のリンクは、 ハワイのワイキキ チーズケーキ・ファクトリー
 

ABCストアで明日からのハワイ旅行に必要な物を買い揃えておきましょう

ワイキキを歩いていると何回もABCストアを見ます。
ワイキキのコンビニとして、ハワイ旅行に行った人は必ずお世話になるお店です。
ビーチグッズの準備としてゴザ、日焼け止めクリームなど滞在中に必要なものを買ってもいいでしょう。
 

ABCストアの場所についての関連記事のリンクは、 ワイキキのABCストアの場所をチェック
 

フードパントリーで食料品や飲料水などの買い物をしておきましょう

フードパントリー Food Pantryはワイキキ唯一のスーパーマーケットです。
大きさはそれほど大きくありませんが、生鮮食品から一通りのものが揃っています。
ウォールマートなどと比べると値段は少し高いですが、ワイキキで歩いて行けるスーパーマーケットとしてとても貴重なスーパーです。
 

パイナップル、オレンジ、バナナ、ココナッツなど果物、日本のナス、白菜などの野菜、お寿司やお酒、ビール、スパムむすび、梅のおむすび、いなり寿司、お弁当、肉、魚も売っているのでコンドミニアムで食事を作る人にもとっても便利です。
日本の惣菜が売っているので、日本食が食べたくなったらここで買えます。
体調が悪い人はここで寝不足の胃にやさしい日本食を買って食べれば、翌日からのハワイ旅行の体力が回復しますよね。
 
お腹にやさしい日本食が食べたい人は、クヒオ通りにうどんの丸亀製麺があります。
 

丸亀製麺の詳しい関連記事のリンクは、 ハワイ丸亀製麺 ワイキキ店とダウンタウンホノルル店
 

なにしろ、午前1時まで営業しているのでコンビニ並ですから、困った時にはフードパントリーに行けば食料を買えます。
日本から着いたばかりで食欲がない人は、ここでさっぱりした日本食を買ってホテルで食べてもいいでしょう。
 
ここはバビーズのモチアイスを売っていることでも有名です。
バビーズはホノルル店が閉店してハワイカイにしか店がないので、ありがたいです。
 

バビーズのもちアイスの関連記事のリンクは、 バビーズ アイスクリーム 
 

ホテル近くの市内観光をしてみましょう

ショッピング以外にハワイ初日におすすめすることは、ホテルの近くの観光です。
なぜホテル近くの観光かと言いますと、2日以降は朝から一日時間を使えるのでノース・ショアやオアフ島一周に行くなど、まとまったことに時間を使えるからです。
翌日以降は一日自由に使えるので、ワイキキ以外の場所に出かけてみることをおすすめします。
長く時間を使えないハワイ初日は、短時間ですむことをしてしまいましょう。
ワイキキ周辺にも観光スポットはありますので、2日以降を充実させるためにも見たい所があったら初日に見ておきましょう。

デューク・カハナモク像とワイキキの記念写真を撮りましょう

デューク・カハナモク像は、サーフィンの神様として知られているデューク・カハナモクの像です。
サーフィンだけではなく、オリンピックの水泳選手として金メダルを獲得した唯一のハワイアン。
今でもリスペクトされていて、彼の像にはいつもレイが掛けられています。

ワイキキビーチを語るときは、必ず紹介されるほどの有名な像で、ワイキキビーチの絶好の記念撮影スポットになっています。
ワイキキビーチに行った記念に、デューク・カハナモク像前で写真を撮っみてはいかがですか。
 

ヒーリングスポットで癒されましょう

デューク・カハナモク像のすぐ近くにあるのが、カパエマフの魔法の石です。
この石は、ワイキキビーチ交番のダイヤモンドヘッド側にある大小4個の石です。
石と言うより大きさ的には岩という感じくらいの大きさがあります。
柵で囲われていますが、あまり目立たないので注意していないと分からないくらいです。

伝説によると、この石には超自然の力である「マナ」が宿ていると言われています。
タヒチからやってきた4人のカフナ(魔術師)が人々の病を治す力をこれらの石に込めたらしいです。
ヒーリングスポットしても紹介されている石なので、行ってみるとご利益があるかもしれません。
 

涼しいワイキキ水族館に行ってみましょう

ワイキキ水族館は、オアフ島唯一の水族館でワイキキから歩いても行けます。
日本の有名な水族館ほど大きくはありませんが、ハワイの海に住んでいる生き物を見ることができます。
アメリカで3番目に設立(1904年)された歴史のある水族館です。
日本語で魚や施設の解説が聞ける機械が無料で借りられます。

見逃せないのが、ハワイ固有のアザラシを飼育しているモンクシールのプールです。
餌付けタイムもあり、愛嬌のある顔は子どもたちに人気です。
 

ホノルル動物園に行ってみましょう

ホノルル動物園は、オアフ島唯一の動物園でワイキキから歩いても行けます。
約1200種類以上の動物が飼育されていて、見逃せないのが動物園の一番奥にあるアフリカンサバンナの区域です。
子どもたちに人気のゾウ、キリン、ライオン、シマウマなどを見ることができます。
動物達と触れ合うことができる、ケイキ・ズーもあります。

ただ、日中はかなり暑いので動物たちも木陰で昼寝タイムが多い。
見るのも暑くて大変なので、水分補給はこまめにしましょう。
できれば昼頃は避けて、午前中か午後遅くの時間帯がおすすめです。
 

ホノルル動物園について詳しくは関連記事リンク オアフ島のホノルル動物園
 

ハワイと日本の歴史を勉強しましょう

ちょっと変わったところで、ワイキキ西のフォートデルーシー公園にアメリカ陸軍の博物館があります。
真珠湾の防衛を目的に建てられた建物を転用した博物館には、アメリカ軍の戦車や砲台が展示されています。
館内には第2次世界大戦やベトナム戦争、朝鮮戦争に関する展示物があります。
また屋上にはベトナム戦争で使われた、ヘリコプターの展示もあります。
 

日本軍の戦車などの武器の展示や、ハワイの日系二世の方たちの記録があり興味深いところです。
真珠湾のアリゾナ博物館やミズーリ号と同じように、ハワイの近代史を認識させてくれる場所です。
 

ハワイに何回か行っている人でも、行ったことがある人は少ないのでは?
リゾートとは別のハワイを知りたい人は、すいている建物のなかで過ごせるので行ってみてはいかがでしょうか。
 
入場料は無料ですが、寄付の受付をしています。
閉館は17時で、1時間くらいでも見ることができるので、行くなら初日がおすすめです。
日月が休館日なのでご注意ください。
 

ご紹介したスポットの情報

ご紹介したスポットの場所の地図

地図内で拡大表示するには、左下の「+」をクリック。
地図のマーカーをクリックすると、スポット名が表示されます

ショッピングスポットのおすすめ

T ギャラリア・ハワイ by DFS

営業時間:10:00 ~ 22:30
営業日:無休
使用できるクレジットカードは、アメリカンエキスプレス、ダイナースカード、JCBカード、マスターカード、ビザカード。
住所:330 Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815
電話:931-2700

ロイヤル・ハワイアンセンター

営業時間:午前10時から夜10時まで
営業日:年中無休
使用できるクレジットカードは店舗により、アメリカンエキスプレス、ダイナースカード、JCBカード、マスターカード、ビザカード。
電話:(808) 924-4026

フードパントリー Food Pantry

住所:2370 Kuhio Ave , Honolulu, HI 96815
クヒオ通りKuhio と Walina St.の角にあります。
電話:(808) 923-9831
営業時間:6:00am – 1:00am

ABC ストア

ワイキキに多数あります。
場所については関連記事をご覧ください。
関連記事のリンク ワイキキのABCストアの場所をチェック
 

観光スポットのおすすめ

デューク・カハナモク像

ワイキキビーチの交番横

カパエマフの魔法の石

ワイキキビーチの交番横

ワイキキ水族館

入場料:大人 12ドル、子供(4~17歳)5ドル、65歳以上 5ドル、3歳以下は無料。
開園時間:9:00 ~ 17:00 (入場は16:30まで)
住所:2777 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
電話:923-9731

ホノルル動物園

入場料:大人 14ドル、子供(4~12歳)6ドル、65歳以上 5ドル、3歳以下は無料。
開園時間:9:00 ~ 16:30 (入場は16:30まで)
住所:151 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815
電話:971-7171

ホノルル動物園についての関連記事リンク オアフ島のホノルル動物園

アメリカ陸軍博物館

入場料:無料ですができれば寄付を
5ドルで日本語オーディオツアーあり
開園時間:9:00 ~ 17:00
休館日:日・月曜、12/25、1/1
住所:Kalia Rd, Honolulu, HI 96815
電話:955-9552

ハワイ初日のホテルにチェックインする前のおすすめの過ごし方の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket