ワイキキトロリー ブルーライン 路線図


LINEで送る
Pocket

ブルーライン路線の観光スポット

ブルーラインダブルデッカー

 
初めての海外旅行でなくても、ハワイ旅行に行ったら、おすすめのツアーに参加して観光することが多いと思いますが、ワイキキトロリーを利用すれば手軽にハワイを楽しめます。
 

ワイキキトロリーのブルーラインはオアフ島東海岸の、エメラルドグリーンや碧い海を見ながらコーストラインを走るコースです。
 

この路線では、ハナウマ湾、ハロナ潮吹き穴、サンディービーチなど東海岸の主な観光スポットを見ることができるので、オアフの海を楽しむにはぴったりの路線です。
ツアーに参加しなくてもオアフ島の東海岸をひと通り見ることができるのでお奨めです。
 

また2階建てトロリー(ダブルデッカー)で運行していますので、高い位置から窓を通さず直接パノラマビューを見ることができます。
素晴らしいオーシャンビューを楽しみながらシーライフパークまで行き、1日3便が往復約2時間半で戻って来ます。
 

ブルーラインを使うお薦めのコースは、1便に乗ってシーライフ・パークまで行きます。
1便は10:00AMにシーライフバークに着きますので、それからイルカと泳ぐプログラム(有料)に参加することができます。
12:30PMからは、ドルフィン・コーヴ・ショーというイルカのショーがあります。
その後、13:45PM頃からハワイアン・オーシャン・シアター・ショーと言うイルカやアシカ、ペンギン達のパフォーマンスを見ることができます。
帰りは2:51PMに出発する3便に乗って4:00PMにT ギャラリア by DFSに帰ってくれば、お子さんだけでなくきっと大人も楽しかったと思えるはず。
 

また、ワイキキトロリーのブルーラインは、シーライフバークとカハラ・モールで降車することができますので、買い物好きな方はカハラ・モールでショッピングを楽しめます。
 

停留所やパンフレットなど日本語もありますので、初めてでも乗るのは簡単です!

ブルーラインの路線図

地図内で拡大表示するには、左下の「+」をクリック。
地図の停留所をクリックすると、停留所名が表示されます

ブルーラインの停留所

ブルーラインは地図の A 停留場のアクア・イリカイ・ホテル&スイーツから G 停留場 のシーライフバークまで行き、折り返して B 停留場のT ギャラリア by DFSまで戻ってきます。

停留所の記号A~Iは上の地図の記号の場所です。

A : アクア・イリカイ・ホテル&スイーツ

アクア・イリカイ・ホテル&スイーツホテル

出典 http://www.shellhospitality.com

アクア・イリカイ・ホテル&スイーツの停留所にはトロリー停留所の看板がないので、
ホテル前アラモアナ通り沿いで待ちます。
 
アクア・イリカイ・ホテル&スイーツにはカイルア・タウンのパンケーキで有名なシナモンズがロビーフロアに入っています。
カイルアまで行かなくても、人気のパンケーキやエッグベネディクトが食べられるホテルです。
人気のパンケーキを食べに行ってみてはいかがでしょうか。

住所:1777 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96815
 
詳しくは関連記事をご覧ください。

BlueArrow
次の停留所まで約10分から15分

 

B : T ギャラリア by DFS

ギャラリア by DFS

世界のトップブランドを取り揃えている免税店です。
カラカウア通りとロイヤルハワイアン通りの角にあり、ワイキキのほぼ中央に位置しています。
目立つ建物なので近くに行けば見逃すことはないでしょう。
 
乗車位置は、ロイヤルハワイアン通り沿いです。
1階にワイキキトロリーチケットカウンターがあり、チケットを買うことやホームページで買ったチケットの受け取りでができます。
 
住所:330 Royal Hawaiian Ave Honolulu, HI 96815 電話:808 931 2700

BlueArrow
次の停留所まで約6分

 

C : デューク・カハナモク像

デューク・カハナモク像

サーフィンの伝道師で天性のスイマーのデューク・カハナモクの像。
ストックホルムで開かれたオリンピックで、100m自由形で金メダル、800mリレーで銀メダルに輝く。1920年アントワープ五輪でも前回と同種目に出場して金メダルを2つ獲得。さらには4年後のパリ五輪でも100m自由形で銀メダルを取りました。オーストラリアやアメリカでサーフィンを紹介したり、アロハシャツを広めること活動を行うなど、ハワイの文化に貢献した人物です。ワイキキビーチを背にした彼の像は、ハワイに行ったら見ておきたいものの一つです。

BlueArrow 

 

D : ハナウマ湾

ハナウマ湾

トロリーはハナウマ湾の上の駐車場で5分間停車します。
火山からできた湾で湾内には美しいサンゴ礁が生息し、そこに住む熱帯魚がシュノーケリングで見られることで人気の観光スポットです。
遠浅で波の高くないためお子さまでも楽しめ、シュノーケル用品のレンタルもあります。
正式にはハナウマ湾自然保護区。火曜日は休園です。駐車料金1台$1、入場料1人 $7.50 13歳未満の児童は無料です。

詳細は関連記事の ハナウマ湾でシュノーケリング でご覧ください。

BlueArrow 

 

E : ハロナ潮吹き穴

ハロナの潮吹き岩

トロリーは5分間停車します。
波の侵食によって岩礁にできた溶岩の穴に、波により海水が流れ込むことで、潮が吹き上がります。波の高さにもよりますが、高い時は9mほどまで吹き上がるそうです。
冬にはクジラ泳いでいるのも見ることができる、東海岸の有名な観光スポットのひとつです。

BlueArrow 

 

F : サンディビーチ

サンディービーチ

ここはドライブスルーのみになります。ビーチで夏に起こる波打ち際の高波はボディボードには最良の波で、世界中からボディボーダーが集まってくることでも有名なビーチです。
砂浜が広く美しいビーチですが、海は潮の流れが速いので遊泳や初心者サーファーは入らないほうがいいでしょう。海岸からボディーボーダーのサーフィンを見ることで楽しみましょう。
無料公共パーキング、トイレ、シャワー、更衣室があり。ライフガードが常駐しています。
住所:8808 Kalanianaole Hwy Honolulu, HI 96806

BlueArrow 

 

G : シーライフパーク

シーライフ・パーク

イルカと泳ぐことができるプログラムがある水族館です。
イルカに触って一緒に泳ぐって楽しいですよ。
もちろんイルカやあしかのショーなどもあります。ウミガメプールやタッチプールがあり子供連れだけでなく大人も楽しめます。
ここには世界唯一のイルカとくじらの混血のウォルフィンがいます。トロリーの始発でここに来て遊んでから、最終便で帰ると充実した1日が楽しめます。
日本語のHPもあり予約ができます。営業時間:無休 9:30 – 17:00

BlueArrow 

 

H : ハワイカイ・ルックアウト

トロリーは5分間停車します。
ハナウマ湾の近くの高台から、ハナウマ湾の反対側のハワイカイの雄大な眺めを見ることができます。

BlueArrow 

 

I : カハラモール

高級住宅街のカハラにある、冷房が効いた屋内型のショッピングモールです。
オーガニック食材のスーパーとして有名なホールフーズや映画館など100店以上のお店が並んでいて、1日ここで楽しめます。
モール営業時間
月~土曜日:10:00AM~9:00PM
日曜日:10:00AM~6:00PM(キラウエア通り)
住所:4211 Waialae Ave. Honolulu, Hawaii 96816

BlueArrow 

 

B : T ギャラリア by DFS

ブルーラインが出発してから2番めに止まった免税店です。
カラカウア通りとロイヤルハワイアン通りの角にあり、
ワイキキのほぼ中央に位置しています。
 

ワイキキトロリー・ブルーラインの時刻表

ハナウマ湾、ハロナ潮吹き穴、ハワイカイ・ルックアウトでは、5分の写真撮影の時間がありますが、
次のトロリーまで滞在することは禁止されているのでご注意ください。

ワイキキトロリーのチケット料金と買い方

ブルーラインを利用できる乗り放題のチケットには4種類あります。

  • 1日2ライン乗り放題
  • 1日5ライン乗り放題
  • 4日5ライン乗り放題
  • 7日5ライン乗り放題

ワイキキトロリーのチケット料金やチケットの買い方、場所については、
関連記事の ワイキキトロリーの路線とチケット料金 をご覧ください。

ワイキキトロリーのテーマソングビデオです

Waikiki Torolley 1:53秒 音声が出ます

ワイキキトロリー ブルーライン 路線図の関連記事

 

jet50 お問い合わせ

 

LINEで送る
Pocket