ワイキキ水族館のおすすめベスト5

2018-06-17ワイキキ

ワイキキ水族館

Waikiki Aquariumさん(@waikikiaquarium)がシェアした投稿

今回はハワイのワイキキにあるワイキキ水族館をご紹介いたします。

この水族館はワイキキの端にある水族館で、ワイキキに宿泊していればほとんどの人が歩いても行ける所にあります。家族旅行やカップルの旅行でも楽しめる場所です。
水族館をすべて見ても所要時間は2~3時間もかかりませんので、ショッピングに疲れた合間に行って気分転換するのにも良さそうです。
 

場所はワイキキからダイヤモンドヘッド方向に歩いて行って、カピオラニ公園に面しているカラカウア通り沿いにあります。
この水族館は1904年に設立されたアメリカでは2番めに古い歴史ある水族館です。

ハワイの近海に住んでいる海洋生物が展示されているのが特徴なので、日本では見られない生物が見られます。
人気者のイルカはいませんが、見る機会がほとんどない貴重なハワイアンモンクシールがいます。
日本で水族館に行く人でも、と言いますか水族館が好きな人は楽しむことができるのではないでしょうか。

ワイキキ水族館の展示

水族館の中は入り口側から奥に向かって7つの展示コーナーに分かれています。

1.珊瑚礁は生きている CORALS ARE ALIVE
2.南太平洋の海のコミュニティ SOUTH PACIFIC MARINE COMMUNITIES
3.クラゲ JELLYFISH 
4.ハワイの海のコミュニティ HAWAIIAN MARINE COMMUITIES
5.珊瑚礁のハンターたち HUNTERS ON THE REEF
6.生物の多様性と環境への適合 DIVERSITY AND ADAPTATION
7.海洋保護区域と保護活動 MARINE PROTECTED AREAS & CONSERVATION

建物の外にはハワイアンモンクシールのプールがあって、こちらも見どころです。

ワイキキ水族館には日本語の音声ガイドがある

audio-guide1

ワイキキ水族館には日本語のオーディオガイドがあります。
水槽の魚の説明を60種類くらい聞くことができるので魚のことがよく分かります。
自分のスマホを使って聞くのですが、アプリをインストールする必要がないウェッブ版の音声ガイドページです。

初めに音声ガイドの使い方も説明してくれます。

水槽の近くに青い番号が書かれた魚のサインがあるので、その番号のガイダンスをタップすると説明を聞くことができます。

周りの音が気になるかもしれませんので、よく聞くにはヘッドホンを持参した方がいいかもしれません。
詳しい操作方法は記事の最後をご覧ください。

 

ワイキキ水族館の館内は外の暑さを忘れさせてくれます。

Waikiki Aquariumさん(@waikikiaquarium)がシェアした投稿

ハワイの海に生息しているカラフルな魚とサンゴでハワイ感がいっぱいの水槽。

@ai_r1742がシェアした投稿

小さい子もカラフルな熱帯魚に興味シンシン.
ドリーがたくさん泳いでいます。ニモもいますよ。

ワイキキ水族館で一番大きい天井まである水槽。大きな魚やサメがゆっくり泳いでいます。
珊瑚礁のハンターたち(HUNTERS ON THE REEF)のコーナーです。子ども達のいい思い出になるでしょう。

ホノルル水族館の見てみたい生き物ベスト5

ここで突然ですが、管理人が独断で決めたホノルル水族館の見てみたい生き物ベスト5の発表です。
ホノルル水族館に行ったら、これだけは見て帰っていただきたいおすすめのキャラ達を紹介しますので、参考にしていただければと思います。

第5位 クラゲ

暗い館内の水槽の中でふわふわと浮かんでいるのが不思議な雰囲気。
暑い外から館内に入って汗がひくまでボーっと見るのがおすすめ。
ゆっくりしたクラゲの動きを見ていると、気分も落ち着きます。

第4位 タマカイ Giant Grouper

ただ大きい魚だと言う理由で第4位。泳いでいるだけで迫力があります。
水槽を見ていると、泳いで周回してくるのをタマカイを待っている自分に気が付きます。


第3位 アオイガイ

太古の世界から来たようなアオイガイ。海中を漂うように浮かんでいます。
どうやって泳いでいるのか秘密を探ってみましたが分かりませんでした。
不思議な生き物です。

第2位 フムフムヌクヌクアプアア

日本名はタスキモンガラ。フグ目モンガラカワハギ科に属する魚類の一種

ハワイでの名前”フムフムヌクヌクアプアア”は、「豚のように鳴く角張った魚」の意味。
なんでも水から出すとブーブーと音をたてて鳴くとか。
本気を出して泳ぐとけっこう速いやつです。

このフムフムヌクヌクアプアアは、ハワイ州の州魚に認定されている誉れある魚くんです。
1984年のハワイ州議会の投票で州魚に選ばれ、2006年の第2回州魚投票を連覇した人気がある州民的アイドル魚。

My Little Grass Shack in Kealakekua, Hawaii と言う歌に名前が出てきたり、ABCストアのTシャツの絵柄になったり、ハワイでは人気があります。

実物を見てフムフムヌクヌクアプアア推しになったら、シュノーケリングで有名なハナウマ湾に一緒に泳ぎに行ってみては?
州魚選を連覇したからではないでしょうが、ハナウマ湾のビジターセンターの裏にはフムフムヌクヌクアプアアの銅像が建っています。

ハナウマ湾の行き方や遊び方は、関連記事 ▶ハナウマ湾でシュノーケリング をご覧ください。

第1位 ハワイアンモンクシール

なんと言ってもその愛嬌のある動作からワイキキ水族館一番の人気者!
絶滅危惧種と言うこともあり、他では見られない貴重なアザラシくんです。
ハワイの固有種なのでハワイ旅行に来たからには、ぜひ見ておきたいキャラクターなのです。

ハワイアン・モンク・シール

ワイキキ水族館一番の人気者のハワイアン・モンク・シールくんをご紹介します。
ワイキキ水族館には2頭のハワイアンモンクシールがいます。

マカ(Maka onaona)くんとホアイロナ(Ho‘ailona)くんの2頭です。
マカくんは体長2.2 mで体重は159-177 キログラム。

ハワイアンモンクシールは絶滅危惧種で数が少なく、野生のハワイアンモンクシールは北西ハワイ諸島が生息地ですが、2頭ともに野生で暮らせない状態だったため保護されて水族館にいます。
ハワイアンモンクシールは一回に15分から20分くらい水中に潜っていられるそうですが、この2頭はのんびり暮らしています。

野生のは近づいて見れないので、この子が見られるだけで行く価値があるかも?
下の動画を見ると人気者なのが分かりますよ。

WORLDAROUNDさん(@worlda.round)がシェアした投稿

ハワイアン・モンク・シールくんの水槽です。けっこう近くで見られるので楽しいです。
表情が分かるし、目が合って迷惑そうに見つめられるかも。

ワイキキ水族館情報

1. 入場料:

  • 大人(13から64歳):12ドル
  • ジュニア(4から12歳):5ドル (入場には大人の同伴が必要です)
  • 子供(3歳以下):無料!
  • シニア(65歳以上):5ドル

利用可能なクレジットカード:現金の他、Visa、MasterCard、Diners Club International、JCB

2. 住所:2777 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815
3. 電話番号:(808) 923-9741

4. 開館日:毎日(月から日)
5. 休館日:クリスマス(12月25日)、ホノルルマラソンの日

6. 開館時間:

  • 通常営業日:9:00 a.m. から 4:30 p.m.(閉館時間は5:00 p.m.)
  • 元旦:2019年1月1日11:00 a.m. から 4:30 p.m.
  • 勤労感謝の日:9:00 a.m. から 2:30 p.m.

7. 行き方

  • 徒歩:ワイキキから徒歩で行けます。ホノルル動物園から約5分ほど
  • バス:14, 19, 20, か 22番線に乗車。
  • ワイキキトロリー:グリーンラインのワイキキ水族館で下車(ホノルル動物園&カピオラニ公園の次の停留所)

8. お土産:
ギフトショップがあります。ぬいぐるみ、おもちゃ、Tシャツなど販売しています。
営業時間は9:00 a.m.から5:00 p.m.

ワイキキ水族館の場所の地図

ワイキキ水族館音声ガイドの使い方

スマートホンのブラウザで下のリンクをタップします。
ワイキキ水族館日本語音声ガイドはこちらから

ワイキキ水族館の音声ガイドの画面に切り替わります。

1. 音声ガイドをスタートするには、画面の一番下にある「TOUCH TO START」のボタンをタップします。
ワイキキ水族館音声ガイド1
 

2. 日本の音声ガイドを聞くには、上から4段目「jAPANESE(日本語)」 と書かれた場所をタップします。

 

3. jAPANESE(日本語)のメニューが表示されます。
メニュー一番上の1番「展示1 説明ガイドの使い方」をタップして開始します。

 

4. 最後は展示60(ボラ)で終わります。

【 注意事項 】
各回の音声ガイドを聞き始めると途中で止めることはできますが、少し前に戻して聞き直すことはできません。
聞き逃すともう一度始めから聞き直さなければいけなるのが残念です。

まとめ

ハワイで水族館ってどうなの?って思われた方!

もっと大きくて展示生物も多い水族館はたくさんあります。
でもハワイの海に住んでいる生き物を見てみるのもいいのでは?
特にハワイアンモンクシールは他では見られないキャラクターなのでそれだけで行く価値があるかも。

またお子さん連れの家族旅行では、近くのホノルル動物園とセットで行けますのでお子さんを遊ばせることのできるおすすめのコースです。

関連記事